Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

★言葉は時代と共に変わる

いきなりですが、クイズです。

この写真を見てください。

22e45d81409463f8361127b23af9f9c7

どうですか?

The kids will never see the connection between these two objects.
子供たちには、これら二つの関係は、絶対にわかるまい。

とありますが、あなたはどうです?
カセットテープと鉛筆。
この二つの関連性は、なんでしょうか。

同世代の方なら、写真を一目見ただけで、すぐピンと来たはずです。
「ああ、やったやった」と、昔を懐かしく思うことでしょう。
若い人は、「なにこれ?」とキョトン・・・状態かも(^ ^;)

まあ、この二つの関係性は、とりあえずおいといて。
先日、ネットの記事で、「いつから“巻戻し”という言葉が、使われなくなったのか」というのがあって、
今の子供たちは、“巻戻し”という言い方を、しないらしいんですね。
で、リモコンの巻戻しボタンも、いつの間にか“早戻し”という表記に、変わっているらしいのです!
もうン十年とテレビを買い替えていなかった、そしてDVDプレーヤーも持っていない私は、
その事実を知らず、驚愕してしまいました。

調べたところ、確かに“巻戻し”ではなく、“早戻し”になっています。
よくよく考えたら、もはやビデオテープではないので、巻くっていうのはおかしいんでしょうね。
戻すことは戻すけど、トラックごと戻るわけで、巻かない(笑)
で、若い子はデジタル世代だから、最初から早戻しなわけです。

★英語もまったく同じ

これ、同じことが英語にも言えるのです。
上の写真にもあるように、カセットテープを知っている世代は、もはや絶滅の危機に晒されています。
5年くらい前に、アメリカの友人宅に遊びに行ったとき、友人の親せきの高校生の女の子に、
rewind (巻き戻す)という言葉が、通じませんでした。
なんの話をしていたのかは、今となってはもう忘れましたが、たぶんビデオを巻き戻してどうのこうの、
という話になって、私が言ったrewindという言葉に、その子が“What…?”と聞き返したのです。
で、私の発音のせいかな、と思ってもう一度言い直したら、なんと彼女は、

What is “rewind”?

と再び聞き返してきたのでした。
あの時の衝撃といったら(^ ^;)
それでも私はめげず、”You know, rewind, like, rewind a cassette tape” と、
わざわざ指をグルグル回しながら説明したら、”We don’t have cassette tapes”と、鼻で笑われました。

そうか、確かにカセットはもうないよな・・・と、寂しく思ったものです(笑)
言葉は、時代と共に変遷します。
かつてはコピー機のことを、Xeroxと言っていましたが、今は誰も言いません。
時代の流れに、遅れないようにしたいものです(^ ^;)

★英語は音が命

語学の基本は、音にあります。
正しく発音できれば、英語は聞けるようにもなりますし、話せるようにもなります。
文法にルールがあるように、発音にもルールがあるのです。
私たちは、文法のルールは学校で習いますが、発音は一切スルーしてきています。
それでは、話せなくて当たり前です。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。
特に重要な、喉発声の部分と基本母音に関しては、Yumiが動画で解説しています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

この記事が役に立ったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
ホームステイに興味のある方は、こちら♪
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ