Sponsored Link



イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ツイッターで、こういう面白いつぶやきがありました。


“J-POPって、なんで中1の2学期で習うぐらいの英語言った後に、すぐ日本語でまた同じこと言うの?”


確かにそうだなぁ、と思ったんですね。
英語の後すぐ、同じ意味の日本語を繰り返す。
この手法って、邦楽によく見られるな、と。

私が子供の頃はまだJ-POPといったジャンルはなく、邦楽は歌謡曲と呼ばれていました。
歌詞も日本語で書かれているのが普通で、プロの作詞家が歌い手のイメージに合わせて作詞していたのです。

だから少しでも英語が入っていると、子供心に「おおっ!」と思ったものでした。
思えば、私が英語に興味を持った最初のきっかけは、こういった流行歌に入っている英語のフレーズだったのかもしれません。

英語のサビが印象深い邦楽ヒット曲10選

そこで今回は、「英語のサビが印象深い邦楽ヒット曲10選」を、独断と偏見でピックアップしました。
ここ20年くらいの邦楽は、ほとんど知りません。
なので、選曲が古いです(^ ^;)
若い人は、まったく面白くないかも・・・

へぇ~~~、くらいの気持ちで、読んでいただけたらと思います(笑)

まずは、こちら。


Get Wild    TM Network


TM Networkというと、当時ボーカル担当だった人が、結構人気がありました。
ドラマに主演したりも、していたような気が・・・
ここ最近は小室さんばかりが、話題になりましたが。
それにしても、今聴いてもこの曲は、カッコイイですね。
当時主題歌だったアニメ、シティハンターの映像で、どうぞ♪




お次は昭和のアイドル。
まずはこの方、中森明菜ちゃんです。


Desire   中森明菜





Get up, get up, get up, burning love! というサビが、とても印象的でした。
で、“バー”の音を、いつも微妙に外すのが、子供心に気になっていました(^ ^;)
この衣装、今見てもなかなか斬新です。


さらに時代をさかのぼって、キャンディーズです。


やさしい悪魔  キャンディーズ





サビの部分、♪あ~あ~devil, my sweet little devil♪ の部分が、
まだ小さかった私には、何を言っているのかまったくわからなくて、親に聞いた覚えがあります。
親も、わからなかったみたいでしたが(^ ^;)


ガラッと変わって、次はニューミュージック。

ユーミンです。


守ってあげたい  松任谷由美





So, you don’t have to worry, worry, 守ってあげたい~
これも、耳に付くフレーズでした。
当時、「醤油とナスと瓜~瓜~」って歌っているクラスメートがいて、それは違うだろうと思ったものでした(笑)


そして、真打ち。
ゴダイゴです。


ガンダーラ  ゴダイゴ





これは、ドラマ『西遊記』のエンディング曲でした。

サビの、In Gandhara, Gandhara…という、タイトルそのまんまの単語でさえ、当時小学生だった私は、当然のことながら聞き取れませんでした(笑)
全編英語の歌詞というのは、この時代には非常に珍しかったです。

何を隠そう、私はこの曲を聴いて、そしてゴダイゴというグループを知って、英語に目覚めたのです。
ボーカルの武川さんのように、カッコよく英語が話せるようになりたい!と思ったものでした。


次は、香港出身のスター。
英語はほぼネイティブ。
ジュディ・オングさんです。


魅せられて  ジュディ・オング





キラキラの衣装が、印象的でした。

Wind is blowing from the Aegean~
エーゲ海から風が吹いている、って今聞けばどうということのない歌詞ですが、当時はミステリアスな感じがしたものでした(^^;)

ジュディさん、お美しいですね。


次は、元祖バイリンガルアイドル、早見優ちゃんです。


夏色のナンシー  早見優





ハワイ出身のアイドルというので、当時とても話題になりました。
この頃はまだ帰国子女というのが珍しくて、英語ができるアイドルもほとんどいなかったと思います(いても隠していたり)。

If you love me~のところの発音がネイティブで、カッコいいなと思ったものでした。


そして、最後はこの方。
バブルの匂いがする、一曲です。


ダンシング・ヒーロー  荻野目洋子






去年、バブリーダンスで一斉風靡し、大きく復活を遂げた荻野目ちゃん。

当時は歌の上手い人がいっぱいいたから、あまり気に留めませんでしたが、こうして聴いてみると荻野目ちゃん、新人アイドルなのに歌が上手い。
英語の発音もいいですね。

お姉さんとは違い、はつらつとした、ボーイッシュなイメージでした。
この曲、洋楽のカバーだったんですね。
まだ、ディスコがあった時代です。
いつからディスコとは言わず、クラブと呼ぶようになったのでしょうね?

以上、英語のサビが印象的な邦楽8選、でした(^O^)

この記事が面白かったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

週末ブートキャンプ、11/24&25に開催!詳細・お申込み方法はこちら♪
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Sponsored Link

関連コンテンツ