Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ランキングに参加しています。更新の励み、1クリック応援よろしくお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

★専門用語ってどうやって覚える?

このブログの訪問者の、年齢層がどれくらいなのか、わからないのですが・・・
若い人だと、あまり知らないかな。
イギリスのハードロックバンド、AC/DCのギタリストが、認知症で脱退した、という衝撃的なニュースです。

ACDC

BBCのニュース⇒ AC/DC: Malcolm Young suffering from dementia

AC/DCといえば、アルバム売り上げが、史上最多を記録するほどの、マンモスバンドです。
そのバンドの、中核をなすのがこの、マルコム・ヤングで、弟のアンガス・ヤングとともに、
ギターリストとしては、かなりの大物です。

さて、このヘッドラインにある、dementia という単語。
認知症、または痴呆のことを指す、医学用語ですが、これは知っている人も、多いかもしれませんね。
suffer from ~ で、~を患う、~に苦しむ。
I’m suffering from a bad headache. などのように、日常会話でもよく使います。

こういった、病気や医療など、いわゆる専門用語を覚えるときの、ポイントとして、語尾があります。
-ia や -ea で終わる単語は、だいたい病気・医療関連の単語です。

leukemia   白血病
anorexia   拒食症
dyslexia   失読症
anesthesia  麻酔
diarrhea   下痢

意味はわからなくとも、何かの病気だな、くらいの予想がつけばOKです。
この手の専門語彙は、余裕があれば覚えたらいいですが、絶対に知ってなくてはいけない、
ということはないので、そんなに必死にならなくても大丈夫(^O^)
日本語でも、病名とか知らないものは、いっぱいありますから。

★仮定法は、日常会話での頻度が高い

さて、この記事に出てくる、マルコム・ヤングの関係者筋の、証言です。

“If you were in the room with [Young] and walked out, then came back in one minute later, he wouldn’t remember who you are. He has a complete loss of short-term memory,” the unnamed source said.

これ、まさに仮定法過去ですね。

「マルコムの部屋に一緒にいて、そのあと部屋を出て行き、すぐに戻ってきても、彼はあなたが誰かわからない。短期記憶の機能が、完全に失われてるんです」だと証言する人もいる。

仮定法って、そんなのいつ使うの?
と思うなかれ。
結構、よく使うんですよ。
「たとえば、XXだとして・・・」とか、「じゃあ、こうだったとして・・・」とか、
「あの時こうしていたら・・・」「あの時XXしなければ・・・」なんて、しょっちゅう言いますね。
なので、仮定法を使いこなせるようになったら、日常会話が大体OK、ということになります。

<<仮定法過去>>

If + 主語 + 動詞過去形, 主語 + would(could) ~ 
もしXXしたら(だったら)、~するだろう(できるだろう)
               
<<仮定法過去完了>>

should have ~すればよかったのに
would have ~しただろうに
could have ~できたかもしれないのに
might have ~したかもしれない

この辺は基本です。
押さえておきましょうね。

それにしても、unnamed source(名前のわからない情報提供者)って、これ、いわゆる関係者筋ですよね。
日本の週刊誌なんかでも、よく出てきますね。
事情通によると、とか。
それって誰のことやねん、っていつも思いますが(^ ^;)

ともあれ、まだ61歳で引退とは、非常に惜しいですが、病気ならしかたがありませんよね。
マルコム無しで、ワールドツアーをやるみたいですが。
他のメンバーには、頑張っていただきたいです。

というわけで、最後にAC/DCのヒットナンバーを、どうぞ♪

いつも応援ありがとうございます。立ち去る前に、ポチッとよろしくお願いします~音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

年内最後の週末ブートキャンプ、11/29&30に開講決定!詳細はこちら
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ