Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

★固有名詞は発音が勝負

友人から聞いた、本当にあったお話です。
外国人(英語ネイティブ)の友達に、「今度イギリスに行く」と言ったところ、
イギリス(England)という単語が、どうしても通じず、20回くらい繰り返した結果、
最終的に筆談で紙に書いたら、「Oh! You mean England!」と言われた。
何がまずかったのかわからず、落ち込んだ、というのを聞きました。

固有名詞、地名や人名などは、音が違うと全く通じません。
難しい話だったり、専門用語だったりすると、内容から推測することができるので、
多少発音が間違っていても、案外通じたりするものです。
そういう意味で、アカデミックな英語よりも、普通の会話の方が、難しいのです。

アトランタとトロント縮小版

さて、表題の、アトランタとトロントの件。
これも実際に、知り合いから聞いたお話です。
アトランタと言ったのに、ネイティブにまったく通じず、「トロント?」と勘違いされてしまった。
原因は、なんでしょう?

★ポイントは、Tの発音

日本人が苦手な子音の一つ、Tの発音に原因があります。
Tの音は、数パターンあるんですよ。
ご存知でしたか?
一種類ではないんです。

まずは、こちらの音声解説をお聞きください。

Tの発音パターン、理解できましたか(^O^)?

学校では、こういった発音のルールに関して、ほぼ全くと言っていいほど、習いません。
習っていないので、知らないのは当然なんですね。
だから、そこは自分で学習するしか、方法はありません。
Tのもう一つの発音パターンは、また次回やりますね。

★英語は音とリズムが命

文法にルールがあるように、発音にもルールがあります。
Tの音一つとっても、数パターンの発音があり、そういったルールを知らないと、
英語を正しく話すこと、また聞くことはできません。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

この記事が役に立ったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

3月の週末ブートキャンプ、21&22に決定!お申し込みはこちら♪←締切ました!
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ