イングリッシュブートキャンプ:由美です。

微妙な音の違いって、どの言語にもありますね。

たとえば、きよ子ときょう子、岡山と大岡山。

日本語ですが、早口で言われると聞き違えてしまいそうです。
英語にも似た音は、もちろんあります。

YouTubeのリスナーからいただいた質問に、[z]と[dz]の違いがわからない、というのがありましたので、動画で解説してみました。

舌の位置に注意しよう

日本語は、英語と比べるとあまり舌を動かしません。
そのせいもあって、舌を使う音の多くが、正しく発音できていないのです。
舌を動かす子音と言えば、RやL、THなどが代表的ですが、それだけではありません。
SやZといった摩擦音も、舌の微妙な位置加減が重要となってきます。

S(発音記号は[s])の音は、空気がスーッと抜けるような音です。
舌先は少し上を向けて、上前歯の裏側に近づけて出しますが、これは実は日本人には意外とハードルが高い。
なぜかというと、日本人の舌は最初から上がっているため、舌先を上げようとすると舌全体が上あごについてしまうのです。
舌の根元や側面が上あごに着くと、そこで息をブロックしてしまいます。
なので、舌先を上に持ち上げるやり方でうまく行かない人は、舌先を下げましょう。
舌を思いっきり下げて、下前歯の裏に付けて「スーッ」と息を吐くと、うまく出すことができます。

[z]も同じです。
これは[s]の有声音ですから、舌の動きや口の形は全く同じです。
では、[dz]はどうでしょうか。

動画にまとめましたので、最後までご覧ください。



どうですか?

[dz]は舌先が上歯の付け根に着きます。
日本語の「ず・づ」の音に、非常に近いです。
舌の動きを意識しながら、ゆっくり練習してみてください。

神経質になりすぎないこと

う~ん、舌の動きが違うことはわかったけど、どちらも音が似ていて聞き分けがつかない・・・
と思ったあなた。
そんなに落ち込む必要はありません。

冒頭でも言いましたが、日本語でも似ている音って結構あるものです。
私の飼い猫の名前はレオ(Leo)ですが、私が「レオ君、レオちゃん」と呼んでいると、友人が「リョウ」だと勘違いしていました。
レオとリョウ、確かに似ています。

なので、「ん、どっちかな?」と思ったら、前後の文脈で推測しましょう。
単語だけを聞いて意味を当てる、なんてことはまずありませんから、会話で出てきた時点で聞き違えることはあまりないはずです。
一言一句聞き取ろうと思わないことです。
神経質になりすぎず、想像力を働かせるようにしましょう。

日本人が苦手な子音、母音はたくさんあります。

LやR、THといった音だけでなく、それほど難しくないと思い込んでいる音の中にも、実は全然正しく発音できていないものがあります。
リスニングでつまずいている人は、発音を正しく認識していないことが原因であることが、非常に多いのです。
実際の会話は、辞書に収録されているような発音とは、ずいぶん違っていたりします。
それは、単語を単体で言うのと、フレーズで言うのとでは違うからです。

実践的な発音訓練をしないと、ネイティブの普通の会話は聞き取れません。
まずは、発音の基本を理解するところから始めましょう。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ