Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

英語のリスニングが苦手だというあなた。

リスニングはまあまあ大丈夫だけど、スピーキングが苦手、特にネイティブと話すと必ず聞き返される、というあなた。

それは、日本語特有の“小さいツ”が原因している可能性があります。

カップ、ロック、バスケット・・・これらの単語に共通する促音(小さいツ)。

実は、日本語特有だというのをご存知ですか?

なぜあなたの英語が聞き返されるのか

私たち日本人が、英語を学習する上で、常についてまわるのが、リスニングと発音です。
いやいや、英語は読めればOK、簡単なメールのやりとりさえできたら、それでいいんです、という人はここから先は読まなくても結構です。

そうではなくて、あくまで“コミュニケーションとして使える”英語を、習得したいという人。

ネイティブと普通に、ざっくばらんに雑談がしたい、という人。
映画や海外ドラマを、字幕なしでわかるようになりたい、という人。
ビジネスで海外の人と対等に交渉したり、営業したりするレベルの、英語力を身につけたいという人。

ここから先は、そんなあなたに、ぜひ読んでもらいたいです。

一対一の会話であれば、相手の言っていることは、だいたいわかる。
けれども、こちらが話す英語は聞き返されることが多い、なんてことはないですか。
日本人相手にゆっくり話してくれる限りは、リスニングもOKだけど、複数のネイティブが普通に雑談を始めると、一気についていけなくなる。
または、そもそもリスニングそのものに、苦戦しているという人。

そういう人に共通するのが、頭の中にあるカタカナ音が邪魔しているということです。


N112_sonnabakana500


たとえば、get up という単語。

これを、ゲットアップというように、カタカナで処理していませんか?
hotdog のことを、ホットドッグだと、思っていませんか?
無意識のうちに私たち日本人は、カタカナに支配され、英語をカタカナ処理してしまっています。
そしてこれが、英語を話す・聞くうえで、大きな障壁となっているのです。

英語に促音 “ッ”-小さいツ はない

ゲットアップ、ホットドッグ、に共通するのが、促音(ッ)です。
この促音は、日本人にとっては当たり前のように存在する音ですが、実は英語には存在しません。
pop をポップ、cupをカップ(コップ)、pick upをピックアップ、といったように促音で処理していると、本当の音がわからなくなります。

動画で解説しましたので、ご覧ください。





カタカナ脳は、日本で普通に教育を受けてきた人は、逃れられない運命とも言えます。
なぜなら私たちは学校で、英語よりも先に、ローマ字を習うからです。
ローマ字と英語(アルファベット)は、別物です。

促音をローマ字で表すとき、子音を二つ重ねますね。
きっぷは kippu、鳥取は Tottoriです。
でもこれ、ネイティブが読むと、キプ、トト~ゥリになります。

英語に促音は、ないからです。

kittyがキッティではなく、キティ、letterもレッターではなく、レターになるのと同じです。
letterのことは、レターと書きますが、batterのことは、バッターと書いてしまう。
ここに日本人のカタカナ脳の問題が、凝縮されていると言っていいでしょう。

繰り返しますが、英語に促音は存在しないのです。

こういう感覚は、ある程度音感の良い人であればすでに気付いていて、脳の中でいつの間にか自然に順応しています。
いちいち促音がどうのこうのなんて説明されなくても、耳(脳)がちゃんと、仕分けしているんですね。
けれども、この“音感”というのは、非常に個人差があるのです。

以前、こちらの記事でも書きましたが、第二言語習得に関しては、幼少期の環境や遺伝的要素が少なからず影響しています。
なので、もって生まれて音感の良い人が、一定数いるわけです。
そういう人は、あまりカタカナによる支配がないため、英語の音にすっと馴染むことができます。

たくさん聞いて、たくさん音読練習しているのに、なかなかリスニングが伸びない人。
または、ネイティブに英語が通じない、やたらと聞き返される人は、カタカナ脳が強いと自覚しましょう。
そういう場合は、カタカナを抜いていく必要があります。

この、促音を入れないようにするというのを、意識するだけで、ずいぶん変わってきます。
pick upはピカ、hotdogはハ/ダ、というように、頭の中から小さなツを、追い出しましょう。

★英語は音とリズムが命

カタカナ汚染は、日本で生まれ教育を受けた限り、避けて通ることはできません。
それを除去していかないと、英語を聞き取れるようには、なかなかならないのです。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで
Sponsored Link

関連コンテンツ