イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ランキングはブログ更新の励みになります。応援のクリック、よろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

あなたの英語が、聞き返されるわけ

あなたは英語学習を始めて、どれくらい経ちますか?
中高での授業は、カウントせずに、ご自身で勉強し始めて、どれくらいになるでしょう?
3年未満の人、また10年以上やっているという人、さまざまだと思います。

英語を学習してきて、こんな経験はありませんか?


-すごく簡単な単語、フレーズなのに、聞き取れなくて悔しい思いをした。
-すごく簡単な単語、フレーズなのに、何度言っても聞き返され、諦めて筆談するはめになった。
-難しい話のほうが、むしろ通じる。逆に簡単な会話だと、ネイティブの英語が、もごもご言っているように聞こえる。



これらには、共通した原因があります。
早口だから聞けないのか、と思いきやそうでもなくて、たとえば単純な地名、人名が聞き取れなかったり。
すごく短いフレーズなのに、何度も聞き返すはめになったり。
どうして、こんなことになるのでしょう?

それはリズムが関係しているからなんですね。

英語はリズムが大事

英語と日本語は、何から何まで真逆だ、と言っても過言ではありません。
まず、発声からして、英語は日本語とは、まるっきり違います。
日本語が比較的、口先で話す言語だとすると、英語は喉の奥から、響かせるように発声します。
この、英語の喉発声ができていないと、ネイティブから聞き返される、という憂き目に遭いやすいのです。

そしてもう一つ。

英語のリズムは、平坦な日本語のリズムとは違い、ロックやジャズのような、イレギュラーなものです。

わかりやすく、動画で解説してみましたので、ご覧ください。





どうですか?

あなたは英語を話すとき、リズムに注意していますか?
簡単な単語が通じない、聞けないのは、リズムが違うから、ということが非常に多いのです。
リズムを制すものは、英語を制すと心得ましょう。

多くの日本人学習者が、発音の基本原則を知らない

次の質問に答えてみてください。

1.英語の基本母音は、いくつありますか?
2.then と than の発音は、同じですかそれとも違いますか?(違う場合、どう違うか説明してください)
3.lemon と cool のLは、同じですかそれとも違いますか?(違う場合、どう違うか説明してください)

これらは、英語の超基本です。

文法で例えて言うなら、I am Japanese. の主語をMike に変えると、動詞は am ではなく is になる、というのと同じくらい、英語学習者にとって周知の事実であるはずのものです。
けれども、多くの日本人が、この質問に答えることができないというのが実情です。

I go to work.に yesterday を付けてみましょう、というと、ほとんどの方はほぼ反射的に、I went to work yesterday. と、言い換えることができます。
それは、基本文法として理解し、習得しているからです。

同様に、発音にも基本ルールがあります。
それを知らないと、聞けるようにも話せるようにも絶対になりません。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろん、リエゾンやリダクション(音の連結や脱落)まで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。
マニュアルには音声ファイル(約90分)とテキスト(PDF102ページ)、動画(約40分)が含まれています。
特に重要な喉発声と、基本母音に関しては、Yumiが動画で詳しく解説しています。


マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


発音をやり直すと、これまでモゴモゴとしか聞こえなかったネイティブの英語が、スッと耳になじむようになりますよ。

あなたもぜひ、ブレイクスルーを体験してください(^▽^)


この記事が役に立ったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ