Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

★学校英語の“アクセント”の認識が足かせに

中学で習う英語の授業で、発音に関してきちんと教わった記憶、あなたはありますか?
なんとなく・・・やったような、やらないような・・・
という人が、多いのではないでしょうか。
それでも中間試験や期末試験などで、必ず出たのがいわゆる“アクセント問題”です。

たとえば、こんな感じ。

<問>下記の単語の中で、アクセントの位置が他と違うものを選べ。

1) September  2) Japanese  3) discussion  4) expensive    <解答>2

どうですか?

思い出しましたか?

この手の問題は、英語試験の王道で、スピーキングの試験がない分、その代りを務めていました。
がしかし、このアクセントというものについて、どういう認識をすべきか、きちんと教わりましたか?
アクセントとは、そもそもなんでしょう?
強弱でしょうか。
いいえ、違います。
アクセントを、強弱で捉えているあなたは、とてつもない勘違いをしています。

★アクセントは強弱ではなく、長短

では、アクセント(またはストレス)とは、どういうものなのでしょう?
わかりやすく動画で述べましたので、ご覧ください。

英語を習得する上で、避けて通れないのが、“シラブル(音節)”という概念です。
この「シラブルの長さ」が、英語のリズムを作っています。

特に北米英語は、シラブルの長短が作り出すリズム感が重要で、アメリカ英語が苦手だという人はまず、
個々の発音だけでなく、英語のリズムについて、きっちりやり直しましょう。
それだけで、リスニングは飛躍的に伸びますし、ネイティブに英語を聞き返されることも、
グッと少なくなるでしょう。

英語はリズム、ですよ(* ‘-^) ⌒☆

★英語は音とリズムが命

文章にルール(文法)があるように、発音にもルールがあります。
それを知らないで、自己流に発音している限り、オーセンティックなネイティブの英語を、
聞けるようにはなりません。

TOEICなどの試験英語のリスニングは、ほぼ問題なくわかるのに、ネイティブの雑談についていけない。
ドラマや映画を、字幕なしで見ることができないと言う人は、音そのものが聞けていません。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

7月の週末ブートキャンプ、18&19に開講!詳細・お申込みはこちら♪
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ