Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ネイティブの英語は速いと思っていませんか?
実際、アメリカ人の話す英語を聞いてみると、それほど速くないことがわかります。
フェイスブックの創設者、ザッカーバーグの英語を、聞いてみましょう。

その前に、ランキングにご協力ください。1クリックお願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

★若者言葉は語尾上がり?

これは全世界的なものなのかもしれませんが、若い人の話し方には、独特のものがあります。
その中でも顕著なのが、ちょっと語尾上がりに話す、というもの。
これは英語にも、よく見られる現象です。

衝撃だったのが、あのザッカーバーグまでもが、語尾上がり調で話している!!
という事実を知ったこと(笑)
マーク・ザッカーバーグは、言わずと知れたフェイスブックの創設者で、ビジネスエリートです。
そういう人が、ついにこういう話し方をする、時代になったんだなぁ・・・と。
なにやら、感慨深いですね。

★ザッカーバーグのインタビューで、ディクテーションしてみよう

では、今どきの若者である、ザッカーバーグのインタビューを、見てみましょう。
インタビュアーの女性の質問に、早口で応えるザッカーバーグ。
でもよくよく聞いてみると、特に早口なわけではありません。



Woman: Do you feel like it’s a backlash or do you feel like you’re (       ) people’s privacy?
Do you feel like you’re adequately portrayed? As…’cause I want to wonder about the person who actually created this thing.

Zuckerberg: Yeah, I mean a lot of stuff happened along the way. I think, you know, (     )(     ) real learning points and turning points along the way in terms of…in terms of building things.
You know, it really (     )from this position very early on where we were just in this college dorm room…to we moved out to California. It was a few friends and me.
And, you know, it just kind of had this project feel for a while…and there was this real turning point when companies started trying to buy the company for a huge (      ) of money.
And, you know, I tell you, kinda get my friends together…and we had to decide what was it that we really cared about and what was it that we (      )(   ) do. And, you know, we decided not to take those offers.
And to me, a lot of that decision was that,…what we wanted to do and what we wanted to spend, you know, a big part of our lives doing…was just continuing to push and kind of build products that help people (     ) information,…build products that help people stay connected. And that’s really what we’re spending our time doing.
And, you know, I think there’s just been a lot of space between that early stuff and where we are now.
If I knew what I knew now then, then I hope I (       )(     ) made those mistakes. But I can’t go back and change the past. I (    )(     ) do what we think is the right thing going forward.

ちょっと長いですが、挑戦してみてください。
解答は最後にあります。

★英語は音とリズムが命

ザッカーバーグに限らず、ネイティブが話す英語が速い、と感じる人は多いと思います。
それは、英語の特有のリズムのせいです。
実際のところ、話すスピード自体は、それほど速くはありません。
動画を、何度か繰り返し見てみてください。
途中で言い淀んだり、考えて詰まったり、間があいているところが、結構ありますね?
けれども、一旦話始めると、次の息継ぎまで音が途切れない。

英語は、息継ぎから次の息継ぎまで、音が全部繋がる言語です。

それが私たち日本人にとって、速いと感じる大きな原因の、1つになっているのです。
また、音が繋がることで生まれる、英語のリズム(8ビート)は、日本語にはないものです。
このリズムに慣れていくことが、自然な英語をマスターするために、重要だと言えるでしょう。

英語特有の発声と、息の使い方。
そしてリズム。
これらを身につけるだけで、リスニングは飛躍的に伸びます。

週末ブートキャンプでは、初心者から上級者まで、これまで体験したことのない英語の基本を、
二日間(10時間)で、徹底して訓練します。
基本母音、子音、そして音の繋がりや脱落(リエゾン、リダクション)をカバーし、
ネイティブの自然な英語に、ついていけるリスニング力を養成します。
また、上級者の人は、流暢さが一気にアップします。

あなたも、週末キャンプに参加してみませんか?

10月の週末ブートキャンプは、10&11日の土日です。

詳細、お申込みはこちらから♪
今なら特典も、付いていますよ\(^0^)/

関東圏にお住まいでない方、またキャンプに参加する時間のない方には、自宅で学べる教材があります。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。
(※ダウンロード教材なので、PCがあれば海外在住の方もご利用いただけます)

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

★ディクテーションの解答

violating
there were
went
amount
wanted to
share
wouldn’t have
can only

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

10月の週末ブートキャンプ、10&11に開講!詳細はこちら♪
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ