洋楽・洋画で英語を学ぶ

Nine Lives劇場予告編でディクテーションしてみよう

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ちょっと久しぶりの、映画でのディクテーションです。

今回取り上げるのは、名優ケヴィン・スペイシーとクリストファー・ウォーケンによる、

コメディー映画『Nine Lives』です。

本題に行く前に、ランキングにご協力ください。1クリックお願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

猫には9つの命がある?

この映画のタイトル、”nine lives”ですが、西洋では猫に9つの命があると、言われています。
日本だと、猫は100まで生きると尾が二つに分かれ、猫又になりますね。
あれと同じ感じなのかな。
いずれにせよ、猫がミステリアスな生き物だという認識は、洋の東西を問わずあるんですね。

では、そんなNine Livesのトレーラーです。

ディクテーションに、挑戦してみてください。





So, today’s the big day.
Have you (       ) about what you want?
I want a cat.
Oh, I don’t think our (        ) takes pets.
You own the building.

Fist piece for the birthday girl.
And save some for daddy.
Just put it in the freezer next to last year’s (      ).
What?

Tom Brand excelled in business…

The Fire Brand Tower will be the tallest building in North America.

…but failed at (      ) mattered most.

Hi, Tom.
Yes, I know. I’m late.
You gotta be here and you have to bring an exceptional gift!

Hello!

Now, a mysterious man…

You look (        ).
I’m Tom Brand. I own Fire Brand.
Yes, I use newspaper in the poopy boxes and I see your face all the time.

…is about change everything.

Can I just (      ) out a cat and then I’ll be on my way.
He (      ) you.
Yeah. Keep the change.
Okay, cats.
I’m sorry?
Let’s do this.

So, how are you doing in (      )?
Wait a minute, I’m a cat!


ディクテーションの解答は、最後にあります(^O^)

中学英語は日常会話の基本

ビジネスで大成功した男が、家族との絆を取り戻すために、大嫌いな猫の姿になって奮闘する、
という古典的なコメディーです。
ケヴィン・スペイシーもクリストファー・ウォーケンも、演技派俳優なのに、なぜこんな・・・
と思わないでもないですが、可愛い猫がたくさん出てきて、楽しいですね。

さて、この予告編を見てもわかるように、日常会話は極めて簡単な英語で占められています。
ほぼ中学英語でOKですね。
だからスクリプトだけ見ると、それほど難しくありません。
が、ネイティブが普通に話すと、リエゾン(リンキング)やリダクションが起ります。
それが「速い!」と感じさせる、一番の原因です。

発音の基本ルールを知れば、こうした映画やドラマを、字幕なしで理解できるようになります。
まずは英語の音そのものを理解し、正しい発音を習得しましょう。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル



★解答★
thought
building
slice
what
familiar
pick
likes
there


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

洋楽発音セミナー第3弾@DMM英会話、7/24に決定!詳細・お申し込みはこちら♪
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

コメント

  1. Nami より:

    いつもお世話になっております。出張で長距離バスに乗っている間、簡単な会話のディクテーションをしたのですが、まあ、比較的ゆっくりなのでだいたいは聞き取れるのですが、「バディミナ hurry」としか聞こえない部分があり、「バディミナ???」。
    But I’m in a hurryでした(汗)。「ベーコン」としか聞こえなかったのも、「bake one」でした。
    こういう簡単な言葉が聞き取れないんだなあ、とびっくりします。
    日々、精進いたします!よろしくお願いします。

    1. Nami さん

      コメントありがとうございます♪
      バディミナ hurry ですか(^ ^;)
      音が全部繋がって、なおかつリダクションしてるんですね。

      What am I doing? が「ワダマイ doin?」に聞こえたり。
      「いきなり和田麻衣って人が出てきて、なんだ???とパニックになった」
      と、友人が昔言っていたのを思い出しました。

      こういうのはもう、慣れていくしかありません。
      がんばりましょう(* ‘-^) ⌒☆

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)