洋楽・洋画で英語を学ぶ

洋楽で英語発音練習-カーペンターズのTop Of The World

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

日本人学習者が英語を勉強する上で苦労するのが、リエゾンとリダクションです。
この二つは、英会話のリスニングの際にも、ネックとなってくる部分です。

今日は、リスニング練習にもってこいの、洋楽を紹介したいと思います。

その前に、更新の励みになります。応援の1クリック、よろしくお願いしますラブラブ
     ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

洋楽はリスニングと発音に効果てきめん

ネイティブの普通の会話が早く聞こえる、というのは多くの人が感じるところでしょう。
それは、先ほども述べたとおり、リエゾンやリダクションのせいなのです。

リエゾンとは、リンキングとも言いますが、音が繋がる現象ですね。
たとえば、get you が「ゲット ユー」ではなく、「ゲッチュー」になる。
これは、子音の T が次の子音 Y と繋がって、CH の音に変化しています。

ネイティブは、単語を一つずつ区切って話すことはしません。
日本語は基本的に、音が一語一語切れてしまう言葉なんですね。
なので、私たちの耳は、単語、単語で切って理解しようとする癖が、どうしてもあります。
その癖が抜けないと、自然な英語が話せるようにはなりません。
また、ネイティブの普通の英語(ナチュラルスピードの会話)が、聞き取れません。

ではどうすれば、いいのでしょう。

繰り返しこのブログでも言ってきていることですが、洋楽を利用するのが近道です。
メロディーに乗せて声に出して練習することで、自然な英語の発音が身に着きます。
洋楽は、リスニングや英会話訓練に効果的な、素晴らしい教材なのです。
今回は、カーペンターズの名曲、『Top of the world』を使って、練習してみましょう。

カーペンターズをテキストに発音練習

まずは、こちらの動画を見てください。





曲調としてはゆっくりしていますが、ご覧のように単語数が多いですね。
つまり、メロディーはスローテンポでも、歌うのは結構大変だということです。
この曲は、リエゾンやリダクションが満載です。

まずは第1パラグラフを、見てみましょう。


Such a feelin’s comin’ over me
There is wonder in most everything I see
Not a cloud in the sky, got the sun in my eyes
And I won’t be surprised if it’s a dream


はい、いきなり来ましたね~

such a がリエゾンして、「サッチャ」になっていますね。
それから、feeling is がリダクションして、feelin’s (フィーリンズ)となっています。
coming overですが、~ing の“ng” は、話し言葉ではgが落ちて、nだけになります。
なので、comin over となり、nとoがリエゾンして、「カミンノウヴァ」となっています。

there is も rと続く母音iが、wonder in も、rと続く母音iが繋がって聞こえます。
not a cloud は、not のtと続く不定冠詞aが、リエゾンしています。
またこのnotのtはフラップTなので、ラリルレロみたいに、軽く上顎に舌が触るだけです。
そのため、not a が「ナラ」みたいな感じになっています。

フラップTに関しては、動画で詳しく解説しているので、そちらをごらんください。





さて、こうしてみると、音が繋がるパターンが、なんとなくわかってきませんか?

子音-母音

というのが、英語のリズムなんですね。
だから、子音の次に母音が来る場合、そこは自然と繋がるんです。
音をメインに、歌詞を書きなおすと、こんな感じです。


Su cha fee linz co min no ver me
Ther ris won der rin most e vry thing I see
No ta clou din (th)e sky, go(t) the sun ni my eye zan dI
won(t) be sur priz di fi tsa dream


見にくいですが、このように発音しないと、メロディーに乗せて上手く歌えません。
括弧でくくってある子音は、音が脱落している、つまり消えてなくなっています。
これを発音してしまうと、音符が1つずれてしまいます。

わかりやすく、カタカナにしてみました。


サッチャ フィーリンズ カミィ ノゥヴァ ミィ
ゼァリズ ワンダリン モウス エヴリ スィング アイ スィ
ナ~ラ クラ~ウ ディナ スカイ ガッタ サ~ン ニマ~イ ア~ィ ズンダイ
ウォンビィ サプライズ ディッ フィッ ツァ ドゥリィ~ム


これは、どうしてもカタカナ英語が抜けない、という人に効果的な方法です。
間違ったカタカナを、正しい(?)カタカナで塗り替える、というやり方です。

どうしても、


サッチ ア フィーリング カミング オーバー ミー
ゼァ イズ ワンダー イン モースト エヴリスィング アイシー
ノット ア クラウド イン ザ スカイ ゴット ザ サン イン マイ アイ・・・


と単語で区切って、全てカタカナ発音してしまう人。
これを矯正するのに、メロディーに乗せて一緒に歌う、というのが効果てきめんなんです。

一緒に歌ってみて、「あれ?合わない」「あれれ、字余り・・・」という個所は、
あなたがリエゾンやリダクションを、ちゃんとできていないことが原因です。
繋げるべき音を繋げず、消える音を発音してしまっているために、音符とあわないのです。
この曲は、ちょっとハードルが高いですが、もっとゆっくりした曲で、
語数も少ないものを選んで、しつこく練習してみるといいですよo(^-^)o


リダクションに関しては、こちらで詳しく述べていますので、ぜひ参考にしてください。

英語のリダクション-音が消える、あいまい化する現象


また、音が繋がる現象については、こちらの記事で詳しく述べています。

リエゾン・リンキングのトレーニングでネイティブ英語に近づく

英語は音とリズムが命

リスニングが苦手、ネイティブの普通の会話が聞き取れない。
それは、正しい音を理解していないからです。

文章にルール(文法)があるように、発音にもルールがあります。
まずはその基本ルールを知るところから、始めましょう。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ

コメント

  1. カオリン より:

    この曲は十八番ですo(^▽^)o←自称(笑)

    こう言うので自然に覚えて行くとよいですよね☆

    1. カオリンさん、ぜひ今度洋カラ(洋楽カラオケ)しましょう♪

      私はカーペンターズは最近はあまり歌いません。
      団体でカラオケ(洋カラ)すると、必ず歌う人がいるので遠慮してます(^_^;)
      私はロック(と演歌)専門で~(笑)

  2. kari より:

    こんばんは。
    私は、エイミーワインハウスが好きです。
    「Rehab」を歌ってみたのですが、こういうのはあまり適当でないですか?
    1番の出だしのthey(歌詞カードにそう書いてある。)がどうしても聞こえないです。ほんとにそう言っているのでしょうか?
    やはりカーペンターズのような曲がいいですよね。

    1. おお、エイミーワインハウスですか。
      かなりハードル高いですね(^_^;)

      でも、上級者なら挑戦しがいがあると思います。
      初中級者はちょっとしんどいかも・・・

  3. Rico より:

    英語の歌どころか、歌をうたうことも長年忘れていた私ですが、
    歌をうたうのって滅茶苦茶気持ちいいですね♪
    この曲、彼のお誕生日に歌ってあげることにしました♡“

    1. Ricoさん

      コメント、ありがとうございます~♪

      そうですね、ぜひ歌ってあげてくださいo(^-^)o
      あなたといると天下を取ったかのような素晴らしい気分、
      ということで、内容もぴったりだと思いますよ♪

  4. mimi より:

    これ大好きな曲です♪
    小さい頃これを何度もMTVで聴いて英語の音が好きになりました!
    エイミーの曲は、triedの前にドゥとデェの間みたいな音がするからそれがTheyって
    いってるんだと思いますよ。
    一瞬の音だから分からないですよね。

    1. mimiさん、コメントありがとうございますo(^-^)o
      この曲、いいですよね。
      カーペンターズって、明るい曲調でもどこか哀愁漂いますね。
      カレンの声質のせいでしょうか。
      エイミー・ワインハウス、あんなに歌が上手くて才能あるのに、
      若くして亡くなってしまって、残念ですねぇ・・・

  5. shunji より:

    由美先生、申し訳ございません!無料相談サイトと思っているわけではありませんが、気になって・・・。>「coming overですが、~ing の“ng” は、話し言葉ではgが落ちて、nだけになります。」とありますが、これは別の言い方をすれば、「coming overですが、~ing の“ɪŋ” は、話し言葉では“ɪn”になります。」ということでよろしいですよね?というのは、「coming=/kˈʌmɪŋ/ 」“ng”=/ŋ/つまり“ng”の二文字で/ŋ/ですから。先生の解説に従ってgが落ちるためには「coming=/kˈʌmɪn(g)/」でなくてはいけない。(nは上歯茎を舌で塞ぐけれども、ng/ŋ/は、喉の奥の方を舌で塞ぐ)。日本の学校では/kˈʌmɪŋ/と習いますが、実際話し言葉では/kˈʌmɪn(g)/なのですね?

    1. shunjiさん

      ingのリダクションですが、必ずしも毎回リダクションされるわけではないです。
      きっちりcomingと発音する時も、もちろんあります。
      ただ、早口になったりリエゾンする時に、comin’となることもたびたびあります。

      リダクションはどの言語でも起きます。
      日本語でも、同じです。
      「そうではないです」と言うこともあれば「そうじゃないです」と言ったりもします。
      どちらも正しい日本語です。
      リダクションは、話し言葉ではそうなることが多い、ということです。

      1. shunji より:

        >早口になったりリエゾンする時に、comin’となることもたびたびあります。
        ・・分かりました、ありがとうございます。でも、“ɪŋ”軟口蓋音 が“ɪn’”歯茎音に変化するなんて!!気が付きませんでした。コメントしてよかったです。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)