Sponsored Link



イングリッシュブートキャンプ:由美です。

英語というと、子音が難しいというイメージがありますよね。

日本人が苦手なRやL、THといった音にばかり、フォーカスしてしまいがち。

けれども、実際のところ、英語は母音が難しかったりするのです。

あなたが簡単だと思い込んでいる音、実は正しく発音できてなかったりしますよ。

beenの発音は[bin]、ビーンじゃないですよ

英語の特徴の一つに、文字と音が一致しない、というのがあります。

たとえば日本語の場合、「あ」と書いてあれば必ず「あ」と読みますね?

この単語の中では「あ」と発音するけど、別の単語では「う」と発音する、なんてことはないわけです。

ところが英語の場合は違います。

talk, taste, tap…これらは全て母音のスペルが a ですが、発音は全部違います。

talkは喉を縦に開けてオに近いア、tasteはエ~イという二重母音、tapは下顎を引いてエに近いアになります。

なんでこんなことに・・・と頭を抱えてしまいたくなりますが、英語はそういう言葉なのでしかたがありません。

多くの日本人が、be動詞の過去分詞形”been”を、ビーンと発音してしまっています。

豆を意味するbeanと同じ発音ですね。

でも実は、beenはbeanと発音は同じじゃないのです。

beenの発音は[bin]、ビンまたはベンに近い音なんです(北米アクセント)。





be動詞は機能語なので、アクセント(ストレス)を乗せません。

なので、発音する時も短く、「ベン」と言いましょう。

口をあまり動かさず、喉の奥で呟くように言うとうまくいきますよ。

難しい音ではないので、ぜひマスターしてくださいね。

英語の発音ルールを一からやりなおそう

多くの日本人が、それで正しいと思い込みながら、間違った発音をしています。

母音の音が外れていると、ネイティブには通じません。

私たちにとっては似たような音でも、ネイティブからすると「い」と「お」くらいに違う音だからです。

そうとは知らず、間違った発音で話していると、何度も聞き返される憂き目にあいます。

それが続くと、英語を話そうという気力が失われ、自信も失われていきます。

自信がなくなると、どうしても声が小さくなるため、さらに通じなくなってしまうという、負の連鎖に陥ってしまうのです。

語学の基本は発音です。

発音の正しいルールを理解しないと、リスニングも伸びません。

まずは一度、いちから発音をやり直してみませんか。


『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、25年以上にわたり述べ5,000人に発音矯正を行ってきたYumiが、独自に開発した日本人による日本人のための英語発音教材です。


英語が通じない、聞き取れないのは正しい発音ができていないから。自分が発音できる言葉は必ず聞き取れます。日本人特有の「カタカナ英語」を克服して、正しい発音を身に付けましょう。


英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。

Yumiの脱カタカナ英語マニュアル内容

  • テキスト102ページ(PDFファイル)
  • 音声約90分(MP3ファイル)
  • 動画約40分(MP4ファイル)

マニュアルの詳細、テキストサンプル、音声サンプルはこちら♪



ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

LINE@はじめました!

友だち追加

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Sponsored Link

関連コンテンツ