Sponsored Link



イングリッシュブートキャンプ:由美です。

今年もあと72時間を切りましたね。

受験生のみなさんは、お正月休みなど関係なく、勉強に集中していることでしょう。

今日は、センター試験の英語の問題を、解説してみたいと思います。

英単語を覚えるときは、音も同時に覚えよう

センター試験の英語は、英検やTOEICと比べると時間にも比較的余裕があり、解きやすい問題が多いと思います。

いや~、でも発音問題って難しいし、どうやって勉強すればいいのかわからない・・・

と思ったあなた。

まずは、問題と解き方を解説した動画を、ご覧ください。





英単語を覚えるとき、音も一緒に覚えていますか?

たとえば、スペルを覚えるために、ローマ字読みしてしまったりしていませんか?

costumeをコスチューム、commitをコミット、なんてやっていませんか?

costumeの発音は[kɑ́stuːm]で、頭にアクセントがあり、あえてカタカナにするとしたら、カァスチュームという感じになります。

それに対してcommitは[kəmít]で後ろにアクセントがあり、カミッというような音です。

coという同じスペルでも、アクセントが乗るのと乗らないのとでは、音が違うのです。

発音記号を覚えるだけでは、音を聞けるようにはなりません。

リスニング問題に対応できるように、英単語を覚えるときは音も一緒に頭に入れましょう。

特に、母音は要注意です。

私たち日本人は、ついつい母音をローマ字読みしてしまいます。

careerはキャリアではなく、コリアに近い音です。

gorillaとguerrillaは同じ発音です。

ローマ字読みで覚えてしまうと、後から正しい音に矯正するのに時間がかかるばかりか、せっかく覚えた単語も使えないことになり、二度手間になってしまいます。

それはとってももったいないことなので、ローマ字読みしている人は今すぐやめましょう。

発音を制する者は英語を制す-音のルールを理解しよう

どの言語にも言えることですが、言葉というのは音から成り立っています。

日本語は「あ」という文字は、「あ」以外の読み方(発音)はありませんが、英語はaというスペルにも複数の読み方があります。

water
wax
wave
was

これらの母音はすべて違う音です。

こういった音のルールを知らないと、英語を話せる・聞けるようにはなりません。


『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、25年以上にわたり述べ5,000人に発音矯正を行ってきたYumiが、独自に開発した日本人による日本時のための英語発音教材です。


英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。

《収録内容》テキスト102ページ(PDFファイル)
      音声約90分(MP3ファイル)
      動画約40分(MP4ファイル)

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

LINE@はじめました!

友だち追加

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Sponsored Link

関連コンテンツ