Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。
おかげさまで4位まで復活!引き続き応援の1クリック、よろしくお願いしますラブラブ
     ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

またしても、SNSでの広いものです。

The Funniest (And Worst) Engrish In Classic Japanese Video Games

ku-xlarge

funniest and worst ということで、最悪な爆笑間違い英語、ということですね。

元記事は、こちらから見られます。

Back in the day Japanese developers didn’t have the budget or the control to make perfect Japanese-to-English translations… although probably no one really cared.

日本の業者が、まともな翻訳を出すバジェットがなかった時代・・・おそらく誰も気にもしていなかった時代。

とあるように、日本のゲーム会社が海外にソフトを出す際に、酷い翻訳をしていた例が、
ひたすら羅列されています。

…but the results are too hilarious.

その結果、ケッサクな内容になっている、とありますが、hilariousとはfunnyのこと。
よく使う形容詞ですが、学校英語ではまずお目にかからない単語でもあります。
知らなかったという人は、これを機に覚えてしまいましょう。

で、画像にもあるように、中学英語すら危うい文法間違いが・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

All your base are belong to us. って、なんでしょう、これ。
be動詞と一般動詞が、混ざってますね。
are はいらないですよね。

Metal Gear の、I feel asleep!もひどい(苦笑)
こんなの、辞書を引けばすぐ出てくるような、基本フレーズなのに、どうして間違うんでしょう。
中1レベルの構文ですよ(´∩`。)

Ikari Warriors の、I would express my sincere. っていうのも、ダメダメですね。
多分、その次に続く“Thanks to you”までが、一文だったのでしょう。
タイプセッター(写植する人)が、英語ができない人だったために、
おかしなところでピリオドを、ついうっかり入れてしまったんでしょうね。

Congratulations のスペルミスも、痛いですねぇ。
この、LとRの混同は、日本人を永遠に苦しめているように思います。
ただやっぱり、商品化する前に、とりあえず辞書を引こうよ(笑)
スペルミスくらいは、それで防げるはずです。

こういった酷い翻訳は、今は改善されているんでしょうか。
日本のゲーム業界が世界をリードするようになって、かなり久しいですから。
さすがに、まともな翻訳者を雇っていると信じたいですが・・・

昔友人は、『バイオハザード』というゲームに凝っていたことがあって、
確かプレイステーションだったかな、ちょっとだけやらせてもらったことがあります。
ゾンビの街と化したアメリカのどこかの都市が舞台で、キャラクターはなぜかみな英語。
日本語版もあるのかもしれませんが、友人がプレイしていたのは英語版でした。
男性キャラが、ゾンビの攻撃をかわしながら、屋敷の中を探索するという設定なんですが、
あの英語は極めてまともだったし、声優さんも北米人でしたね。

ともあれ、珍訳、誤訳はまともに校閲に出せば解決すむお話です。
企業さんには、ぜひその辺の予算を、きちんと組んでいただきたいですね~(^_^;)

この記事が面白かったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
ホームステイに興味のある方は、こちら♪
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ