Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ランキングに参加しています。応援の1クリック、よろしくお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

★話し言葉には省略が多い

前回の動画解説では、なぜネイティブの英語が、早く聞こえるのか、というお話をしました。

こちら⇒ネイティブの英語が早口に聞こえるのは、息継ぎのせいだった?!

ネイティブの話す英語は、特に早口だというわけでは、ありません。
早く話しているから、聞き取れないというのでは、ないのです。

いやいや、ドラマや映画を観てると、すごく早口に感じる、と思うかもしれません。
でもそれは、早さの問題ではなく、音そのものに原因があるのです。
今回は前回に引き続き、具体的な例を挙げて、解説しています。

★リエゾンとリダクションの、ルールを知ること!

ではまずは、動画をごらんください。

ここでは、Hのリダクション(省略)について、取り上げています。
Hだったらなんでも省略される、というわけではありません。
人称代名詞(he, his, him, her)など、いわゆる機能語が、省略の対象になるのです。

こういった、発音の基本ルールは、ネイティブであれば、当たり前のように知っています。
たとえば私たちが、「すみません」と言うかわりに、「すいません」というのと同じで、
話し言葉になると、音が変わる、省略されるのは、英語も同じなのです。

こういったルールは、残念ながら学校では、ほとんど習いません。
なので、知らないことが多いのです。
知らないと、聞き取れないのは、当然なのです。

また、こういったルールは、ただ英語のシャワーを浴びているだけでは、絶対に聞けるようにはなりません。
体系立って、ルールを理解し覚え、オーセンティックな英語を、何度も聞くことでしか、
私たちノンネイティブの脳は、認識するようにはならないのです。

★文法にルールがあるように、発音にもルールがある

音が聞けない、ネイティブの英語が早く感じる、という人はまず、発音のルールを知ることから始めましょう。
英語の文法や構文を、覚えるのと同じように、発音のルールも、覚えることが必要です。
そのうえで、自分も同じように言えるまで、練習すること。
この繰り返しが、英語マスターへの道です。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

この記事が役に立ったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

年内最後の週末ブートキャンプ、11/29&30に開講決定!詳細はこちら
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ