Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

★英語落語の魅力

久しぶりに、喜餅さんの高座を見に行ってきました。
喜餅さんとは、先日ネットラジオで、英語でトークしましたが、みなさん聴いていただけたかな?
それぞれ思い出の洋楽について、語り合いましたよ。
80年代の音楽が中心だったので、若い方はちょっと???だったかも、ですが・・・(^ ^;)
お互いの反省として、やはりもっと若い人の音楽を、聴かなきゃだめだな、と(笑)
テイラー・スウィフトとか、聴かなアカンなぁ~と、反省しました。

さて、喜餅さんですが、彼の高座に行ったのは、なんと2年ぶりでした。
私はてっきり、去年のことだと思っていましたが、もう2年も経ってたんですね。
光陰矢のごとし・・・
2年前と比べて、芸に一段と磨きがかかっていて、凄いなぁと感心しました。
落語って、一人で色んな人物を、演じ分けないといけないから、大変だと思います。
それを英語で演じるというのも、これまた大変。

今回、人生初の東武東上線に乗車し、板橋区立グリーンホールまで、足を運びました。
東京に住んで、早や15年以上が過ぎましたが、この線に乗ったのは初めてでした。
もっとも、大阪の私鉄全部乗ったことがあるか、と言われると、たぶんノーですけど(私は大阪出身)。

グリーンホールというだけあって、入り口の色がグリーン系(笑)

IMG_3117

高座は、こんな感じ。

IMG_5006

★日本人にすら説明が必要な古典落語の世界

今回の演目は、

動物園     The Zoo
紙入れ     The Wallet
ハワイの雪   The Snow in Hawaii

私はそんなに落語には詳しくなく、元ネタを理解していないことが、多いのですが、
最初の二つが、いわゆる滑稽話で、世間一般の人がイメージする落語は、これではないでしょうか。
オチがあって、笑って終わるというパターン。
それに対して、最後のお話は、人情話と呼ばれるもので、ちょっと泣かせるお話。
これは落語界のキョンキョンこと、柳家喬太郎さんの創作落語だそうです。

外国人向けに落語をする場合、どうしてもある程度、演目が絞られてしまいます。
というのも、日本特有の風俗や文化を、説明するのが難しかったりするためです。
ところが昨今では、日本人相手でも似たような状態だと、知り合いの咄家さんから聞いたことがあります。
今の若い人は、長屋というものが何なのか、知らない。
水屋という言葉も、知らない。
時代劇自体がもう、廃れてしまったため、古い日本の風俗や習慣を、全く知らない。
だから、枕(演目に入る前の、ちょっとした小話)のところで、語彙の解説をするのだとか。
枕というよりは、これから話す内容の、講義みたいなものですね(^ ^;)

喜餅さんの高座に関する情報は、Facebookページでどうぞ♪
ツイッターはこちら♪

舞台はナマモノですから、お客さんの層や反応によっても、変わってきます。
そこが映像の世界との、一番大きな違いでしょうか。
同じ演目だったとしても、同じ舞台というのは二度とないわけです。
毎回毎回が、真剣勝負、初舞台なわけです。

♪ 稽古不足を~幕は待たない~恋はいつでも初舞台~♪

って、なんのことかわかったあなたは、同世代!イェイ\(^0^)/

総勢50名近い参加者善人で、最後に記念撮影。

どまんなか寄席全体

なんと、今回偶然、Sally先生もいらっしゃいました。
というわけで、喜餅さんを挟んで、記念撮影しました~(≧∀≦)

IMG_3128

Sallyさんとは、アメブロ時代から、もう5年くらいのお付き合いになります。
けれども、ネット上でのお付き合いだけで、こうして実際にお会いしたのは、今回が初でした。
写真で見るよりも、実物の方が数段美しいSallyさん。
元モデルさんだけあって、お顔が小さい!!
本当に、顔が小さいんですっ!!(大事な事なので、2回繰り返しました)。
なのに中身は、気さくでおもろいオネエチャンという感じで、とても素敵な方です。

Sallyさんは、この夏につなぎすとサロンさんで、セミナーをされます。
大阪でのセミナーは、初だそうです。
関西のみなさま、ぜひ足を運んでみてください。

8・1大阪セミナー「Sallyの英語モテ講座・10のゴールデンルールと実践フレーズ」

お会いしてなんとなく思いましたが、Sally先生は大阪のノリが、すご~く合っています!
きっと楽しいセミナーに、なることでしょう~(≧∀≦)

★英語は音とリズムが命

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

東エミさんとのコラボセミナー、5/30に開講!お申し込みはこちら⇒Yumi&Emiの洋楽英語発音セミナー
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ