Sponsored Link



イングリッシュブートキャンプ:由美です。

簡単な単語なのに、ネイティブに通じない。
何度も聞き返される。
また、そもそも聞き取れない。

そんな経験はないですか?

日本人が苦手な英語の音は、いくつかありますが、中でもトップクラスに入るのが、この音。

/ʌ/

です。

lunchはランチではない

さて、この発音記号ですが、あなたも一度は見たことがあるでしょう?
そう、cup, but, run, lunch…など、スペルが“U” の時、大抵この発音になります。
他にも、love, some, of…など、“O”の時も、この音になることがありますが、基本ルールとしては、「U = ʌ 」と覚えておくと、いいでしょう。


で、このU の音ですが、私たち日本人が苦手な母音の代表格なのです。


だから、lunchが通じない、といったことが起きるわけです。
lunchという単語は、Lで始まっていますが、これまた日本人が苦手な子音なんですね。
Lを発音しているつもりが、Rになっている・・・ということが、よくあります。
なんとな~く巻き舌っぽく発音してしまっている人は、特に要注意です。

ランチという簡単な単語なのに、通じない。
それで落ち込んでいてはいけません。
どうすれば、通じるようになるのでしょう?

lunch の“U”は、ゾンビのア

この母音は、非常に低い音です。
喉の低い位置で、ゾンビがうめき声を上げるように、「ア」と出します。
いわゆる日本語の「あ」とは、全く違います。
「お」と「あ」の中間くらいの響きです。

この音を出す時に注意したいのが、口の形です。
私たち日本人が日本語を話す時、当然のことながら、日本語の口になっています。
日本語の「あ」の感覚で、口を動かすと、このゾンビのアは発音できません。
というより、かなり遠い音になってしまいます。

ゾンビのアを発音するコツを、動画解説しましたので、ごらんください。





この音は、love, come, some, of, but, was, what など、多くの基本語彙に含まれます。
この音が正しく言えないと、会話に支障を来すのは、当然のことなのです。

また、簡単な単語やフレーズが聞き取れない原因も、こういった音の認識のずれにあります。
英語がごにょごにょ聞こえるという人は、こういった母音がちゃんと聞き取れていません。
思っている音と実際の音にずれがあるため、聞けないのです。
正しい音を認識する必要があります。

英語は、正しく発音できるようになれば、必ず聞き取れます。

自分が言えるフレーズは、聞けるのです。
ネイティブのように流暢に話せるけれど、リスニングができない、という人はいません。
スピーキング力を磨くことは、そのままリスニングアップにも繋がります。

動画を参考に、練習を繰り返してみてください。

英語は音とリズムが命

発音にはルールがあります。
英語は日本語と比べて、遥かに音の種類が多い言語です。
それぞれの音を正確に発音できるよう訓練することが、英語を話せる・聞けるようになるためには、必須です。

たとえば今回紹介した「ゾンビのア」

英語の基本母音は13ありますが、アに似た系統の音は3つあります。

英語の「3つのア」について理解を深めよう。


こちらの動画教材をチェック!


中~上級者向けには、こちら。


『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。

あなたも、ブレイクスルーを体験しませんか?


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ