イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ランキングに参加しています。更新の励み、1クリック応援よろしくお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

★迷走した学生時代

自分の英語がひどいということに、初めて気づいたのが、大学1年の時でした。
それまで、結構イケてるつもりだったんです(笑)
でも、実際に自分の声を録音して聞いてみると、全然イケてなかったorz…
というお話を、前回こちらで書きました⇒なんちゃって英語からの脱却

Yumi_dameda

そう、この“なんちゃって英語”から脱却するのに、私の大学1~2年は、費やされたと言っても、
過言ではないと思います(本当に、必死でした)。
で、具体的に何をしたのか。
これを読むと、私がいかに迷走していたか、わかると思います(^_^;)

★手当たり次第にやってみた

普通のネイティブの会話についていけない、これが私の最大の悩みでした。
そしてそれは、自分の英語の拙さに、関係しているのではないかと思いました。
大学の先生や教会の牧師さんなどは、普段話すことを生業にしている、いわば一般人ではないわけです。
比較的、年配の人たちだというのもあります。
人にものを教える、功徳を説く立場にある人は、相手が自分の言うことを、きちんと理解しているか、
確認しながら話をすすめる、というのが職業柄、身についています。
でも、普通の人はそうじゃないですね?
普通の人との会話を、あまり経験していなかった私は、友人のカレシ(米人)と話した時に、
挨拶すら聞き取れなかったことで、非常にショックを受けました。

その挨拶は、

What have you been up to?

というものでした。

これ、ちゃんと発音できますか?
友人の彼とは、一度だけパーティで、話をしたことがありました。
初対面の時は、結構気を使ってか、ゆっくり話してくれたんですね、彼も。
でも、二度目は、もう少しカジュアルな感じに、なっていました。
このフレーズは、学校ではまず習いません。
でも、ネイティブなら誰でも、頻繁に使う表現なんですね。

発音は、「ワダヴュベナットゥ」(ちょっと、無理矢理カタカナにしました)です。
最初言われた時、それこそ「はぁ~?」という感じで、まったく聞き取れませんでした。
元気?最近どう?という、きわめて普通に使う挨拶表現なんですが、知らなかったんです。
後でどういう意味か知って、英語が得意だと自負していたのに、挨拶すら聞き取れないという現実に、
それこそもう、こてんぱんに、打ちのめされました(笑)

しつこいようですが、どこかで、変なプライドがあったんですね、今思えば。
英語はずっと得意でしたし、ネイティブと会話しても、1対1であれば問題ない。
発音も、褒められることが多い。
そこに、ちょっとした慢心が、あったのかもしれません。
だからこそ、今さら基本からやり直すのって、なんか嫌だな・・・と思っていたのです。
積もり積もって結局は、これではいけないとお尻に火が付いた状態に、なりました。
というわけで、腕まくりをして、もう一度出直しです。

NHKテレビ英会話を、きちんとやることにしました。
テキストを買ってきて、スキットを丸暗記します。
テレビを見ながら、実際のスキットに合わせて、自分も言ってみる。
内容自体は、そんなに難しくないので、覚えるのはさほど大変じゃないんですね。
ただ、完璧にスキットに合わせるのは、なかなか容易ではありません。
どこかずれたり、イントネーションがおかしかったり、ミスが連発したりします。
そこを何度も、声を出して練習するのです。
これを三ヶ月くらい続けました。

それともう一つ。
今思えばこれも効果的だったな、というのがあります。
それは、音楽(歌)です。

私は、音楽が好きでよく聴いていましたが、自分も一緒に歌ってみる、ということはしていませんでした。
日本の歌でもそうですが、ものすごくヒットしてて、有線でもあちこちでかかっていて、なじみのある曲。
鼻歌程度になら、なんとなく歌えそうな曲を、カラオケで歌ってみると、案外歌えなかったりしますね?
つまり、耳で聞いてなんとなく知っているレベルと、実際にそれが歌える(言える)レベルは違うんです。

日本語ですらそうなんだから、まして外国語、英語だともっと歌えないはずです。
そこで、好きなアルバムをひっぱり出してきて、歌詞を追いながら自分も歌ってみる、
ということを、結構真剣にやりました。
適当に歌うんじゃなくて、ちゃんと声に出して練習します。
親には嫌な顔をされたし、遊んでいると思われては、嫌味もさんざん言われました。
それでもこれは、絶対に効果的な英語学習法だと、私の中で確信がありました。

もう一つ、これは気を付けないと、嫌われてしまうやり方ですが、ネイティブとひたすら話すことです。
知り合いのネイティブや、キャンパスにうろうろしているネイティブ、外国人が集まるパーティーなど、
まめに顔を出しては、広く浅くいろんな人と、しゃべりまくるということを、やりました。
そして、聞き取れないフレーズがあったら、勇気を出してその場で聞き返します。
メモを取って、忘れないようにして、あとで見返して覚える。
場の雰囲気を壊さない程度に、気を付けながら、そういうことを繰り返していました。

私の奮闘はまだまだ続きますが、長くなるので今回はこの辺で(^-^)

★英語は音とリズムが命

言葉は音で成り立っています。
音を正しく理解していないと、話すことも聞くこともできません。
文法にルールがあるように、発音にもルールがあるのです。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細はこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

この記事が役に立ったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
ホームステイに興味のある方は、こちら♪
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ