英語(発音)

外国人が発音しづらい日本語トップ10-英語に促音と長音はない

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

英語ネイティブにとって、発音しづらい日本語トップ10の紹介です。
私たち日本人にとって、発音しにくい英語の音って、いっぱいありますよね?
LとかRとか。
もちろん、その逆パターンだってあります。
外国人が言うのに苦戦する日本語10選です。

その前に・・・
ランキングちょっと不調です(>_<) 1クリック応援お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語ネイティブが苦戦する日本語

まずはこちらの記事、ロケットニュース24を見てみましょう。

The top 10 hardest Japanese words to pronounce – which ones trip you up?

ここに、発音するのが難しい日本語が、紹介されています。

以下、トップ10です。


Tsuittaa (Twitter)
Tsutaerarenakatta (couldn’t tell)
Shinnryaku (invasion)
Benri (convenient)
Shutsuryoku (output power)
Tennin (shop assistant)
Ryokou (travel)
Atatakakunakatta (wasn’t warm)
Chuushajou (car park/parking lot)
Occhokochoi (clumsy)


こうしてアルファベット表記だと、わかりにくいかもしれませんね。
日本語に書きなおしてみましょう。

ツイッター
つたえられなかった
しんりゃく
べんり
しゅつりょく
てんいん
りょこう
あたたかくなかった
ちゅうしゃじょう
おっちょこちょい

これを見て、何か気付くことはないですか?
なるほど~と思ったあなたは、語学センスあり、ですよ(* ‘-^) ⌒☆

英語に促音と長音はない

以前、こちらのビデオで紹介しましたが、英語に促音はありません。
促音とは、小さいツ(ッ)のことです。
たとえば、「~なかった」という表現には、小さなツが入っていますね。
他にも、おっちょこちょいとか、ツイッターとか。
この促音は、日本語特有です。
ツイッターは元々英語ですが、英語の発音ではtwitterは「トゥイダァ」です。
どこにも小さなツは入りません。

もう一つ、いわゆる長音、伸ばす音ですね。
日本語には長音が多いんです。
多いんです、と今書きましたが、この「おおい」というのも「おーい」と音を伸ばしますね。
こういった「母音を伸ばす」というのが、英語にはありません。
なので、駐車場とか、旅行とか、こういう単語を発音しようとすると、
チュシャジョ、リョコ、となってしまうんです。

もう一つ、英語ネイティブが苦手な音があります。
それは、「りゃ、りゅ、りょ」と「つ」と「ん」です。
英語は音の種類が多いため、日本語に存在する音は大体、英語にも存在します。
けれども、この「りゃ、りゅ、りょ」と「つ」と「ん」だけは、英語にない音なんですね。
そのため、これらが入ってくる単語は、苦戦するようです。
旅行とか留学とか、人の名前だと、涼子とか良平とか、難しいんですよ。
旅行が「ロコ」になったり、涼子が「ロウコ」になるのはそのせいです。

英語ネイティブが苦手な日本語を知ることは、私たち日本人が英語を話す時の参考になります。
特にカタカナ語。
あなたの身の回りにある、カタカナ語をザッと上げてみましょう。
その中に、長音と促音、「ん」が入ってる言葉は、どれくらいあるでしょう。
1つもない、という単語の方が少ないと思います。

コーヒー
コンピューター
カップ
テーブル
テクニック
リップスティック
スリッパ
マウス

どうでしょう?
ほとんどないでしょう?
マウスくらいです。
そしてこの「マウス」だけが、唯一この中では元の英語の音に、比較的近いんですよ。

英語を話す時、特にカタカナになっている単語を発音する時は、要注意です。
本来存在しない音(「ッ」や「ー」)を、私たちはあたかも存在するかのように認識して、
発音してしまっているからです。

上記の単語を、英語の音に近い表記で書くと、こうなります。

カァフィ
カンピュウラァ
コプ
テイボウ
テクニィク
レプスティク
スリパァ

なんかすごい違和感が・・・という人も、いるでしょう。
そうなんです、英語って日本語と、まったく音の感覚が違う言語なんです。
なのでこれに違和感を持たなくならないと、ネイティブの英語を聞けるようにはなりません。
また、ネイティブに聞き返される、という憂き目から解放されません。

英語はリズム言語です。
音が長く感じるのは、伸ばしているのではなく、リズムの問題です。
これを理解できるかどうかが、英語を習得する上で、最も大事なポイントなのです。

3月の週末ブートキャンプ、まだお申込みできます!

英語は、個々の音を訓練するだけでは、なかなか上達しません。
それは英語が、日本語とはかなりかけ離れた言葉だからです。
まずは、英語の音のルールを理解し、リズムパターンに慣れること。
これは独学では、なかなか難しいところです。

週末ブートキャンプでは、土日2日間(計10時間)で、英語のスピーキングの基礎を、
徹底して訓練します。
基本発声から始まり、母音や子音の基礎を学ぶほか、日本人が最も苦戦するリズム、
リエゾン、イントネーションやリダクションまで、集中的に指導します。

3月週末ブートキャンプの詳細、お申込み方法はこちら♪

少人数制なので、お一人お一人、しっかりフォローしますよ(* ‘-^) ⌒☆
リスニングやスピーキングが苦手な方は、ぜひ参加してみてください。

お待ちしています\(^0^)/

この記事が役に立ったという人は、立ち去る前にクリックお願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

3月の週末ブートキャンプ、5&6に開講決定!詳細・お申し込みはこちら♪
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)