未分類

おかしな英語-ロシア編

イングリッシュブートキャンプ:由美です。
更新の励みになります。応援の1クリック、よろしくお願いしますラブラブ
     ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

これまで、“Engrish”-変な英語について、色々取り上げてきました。

今回は、ロシア編です。

知人がSNSに上げていたものですが、面白かったのでご紹介します。
まずは、こちらの写真をご覧ください。

1187129_10151881158769002_778621610_n

Sausage in the father-in-lawって、なんでしょう(笑)
いったい、どんな食べ物なの???
義理のお父さんとソーセージ、おかしな組み合わせです。

で、こんな説明がありました。

It should say ‘sausage rolls’ The thing is ‘dough’ and ‘father-in-law’ are similar words in Russian and I guess Google translate failed to figure it out.
これは、“sausage rolls”と訳すべきところ。ただ、doughとfather-in-lawは、ロシア語では似た単語なので、グーグル翻訳が間違えたのでは?

それに対し、他の人がこう返しています。

Someone translating must have mispronouced the word and based their translation on the sound and not spelling! Pastry and father-in-law are close in sound.
この翻訳は、単語を間違って発音したせいで起きたミスで、スペルの問題ではない。pastryとfather-in-lawは、発音が似てるんです。

つまり、dough(ドーナッツのドー、パン生地のこと)とか、pastryというロシア語と、
father-in-lawを意味するロシア語の、発音が似ていることから起きた誤訳というわけです。
これって、面白いなぁと思いました。

というのも、音から来る間違いって、日本語だとまず起きないだろうからです。
日本人の場合、英語の音を聴いて云々・・・ということ自体が、まず起こりづらい。
確実に、文字だけを見て音はわからないまま訳す、というほうが多い。
というか、ほとんどそうだと思うからです。
音が似てるから、誤訳してしまったというパターンを、日本語では見たことがありません。

それにしても、いくらなんでも冷静に考えれば、ソーセージロールが、
義理のお父さんのソーセージに、なるはずがないですよね(笑)
訳した人、おかしいと思わなかったんでしょうか。
不思議でなりません。

以上、おかしな英語「ロシア編」でしたo(^-^)o

この記事が役に立ったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
ホームステイに興味のある方は、こちら♪
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで
カウンセリング・体験レッスン予約状況はこちらメモ


Google adsense

コメント

  1. カオリン より:

    あー、これは仕方ないですね(^◇^;)
    義父は「チェースチ」でこれは「チェースチェ」ですもんね(笑)

    厳密に言うと「チ」の「イ」の音は軽く発音しますのでよけいややこしいです。

    1. やっぱり、音が似てるんですね。
      でも、いくらなんでも義父にソーセージはないですよね。
      訳した時、あれ?と思わなかったんでしょうか(^_^;)

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)