Sponsored Link



イングリッシュブートキャンプ:由美です。

映画や海外ドラマは、とても効果的な英語の学習素材です。

好きなドラマや映画を見るのは楽しいし、おまけに英語の勉強にもなって一石二鳥♪

と思っているあなた。

確かに、楽しく英語を学べるという点で、映画やドラマはとてもありがたい存在なのですが、単に字幕を追いながら見ているだけでは、あまり意味がありません。

では実際にどんな風に映画を利用すればいいのか?

『The Devil Wears Prada(プラダを着た悪魔)』を題材に、具体的に解説してみましょう。

音と文字を一致させ、自分の言葉にして言ってみること

教科書英語やニュース英語などと違い、映画やドラマのセリフは聞き取りにくい、と感じたことはありませんか?

映画のセリフは日常会話、つまりネイティブが普通に話しているのとほぼ同じです。

ニュースやスピーチなどは、よそいきの話し方なので、比較的聞き取りやすいのです。

日本語で考えてみればわかることですが、私たち一般の日本人は、NHKのアナウンサーのような話し方はしませんよね?

英語も同じです。

しかも、英語は音が繋がったり(リエゾン)、音が脱落したり(リダクション)することが、頻繁に起こります。


たとえば、What’s up?(元気?)というフレーズ。

これは「ワッツアップ」ではありません。

What’sの最初のWは脱落し、また語尾のtsと続くupのuが繋がるため、ツァ~ッ(プ)と聞こえます。

ワッツアップと思っていると、「ツァ~ッ」と言われると聞き取れません。

まずは、音のルールを知り、音と文字を一致させるという作業をする必要があります。

セリフを見ながら、実際の音を頭に入れていき、それを自分も声に出して同じように言ってみる。

この作業をしない限り、映画をただ見ているだけでは、リスニング力は伸びません。

『プラダを着た悪魔』のワンシーンを使って、実際にやってみましたのでご覧ください。






なかなか地道な作業でしょう?

めんどくさがらず、好きなシーンだけでいいので、まずは一度やってみてください。

コツは、役になり切ること。

お気に入りの俳優の面白いセリフや、感動的なセリフなどを、その役になり切って演じてみてください。

言葉は感情を乗せないと、意味がありません。

セリフを実際に言ってみたり、歌を歌ったりすることは、語学上達の一番の近道です。

ぜひやってみてくださいね。

英語が聞き取れない通じない人にオススメ情報!

日本人特有の弱点を克服できる英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、25年以上にわたり述べ5,000人に発音矯正を行ってきたYumiが、独自に開発した日本人による日本人のための英語発音教材です。


英語が通じない、聞き取れないのは正しい発音ができていないから。自分が発音できる言葉は必ず聞き取れます。日本人特有の「カタカナ英語」を克服して、正しい発音を身に付けましょう。


英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。

Yumiの脱カタカナ英語マニュアル内容

  • テキスト102ページ(PDFファイル)
  • 音声約90分(MP3ファイル)
  • 動画約40分(MP4ファイル)

マニュアルの詳細、テキストサンプル、音声サンプルはこちら♪



ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

LINE@はじめました!

友だち追加

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Sponsored Link

関連コンテンツ