英語(発音)

were, we’re, whereは全部同じ音!-意外と知らない発音の超基本

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

wereはワァ、we’reはウィアー、whereはウェア、だと思っていませんか?

実はこの3つの音は、全て同じ発音です。

ええっ、そんなっΣ( ̄ロ ̄lll) と思ったあなた。

英語のリダクションについて、基本的なルールを理解していませんね?

まずは基本ルールを、見て行きましょう。

会話では音の弱化(リダクション)が起きる

単語を辞書で引くと、その単語を単体で発音したときの発音記号しか、記されていないことがほとんどです。
けれども実際は、単語だけで会話することはほとんどありませんね?

たとえば、表題のwhereという疑問詞。
これは、”Where?!(どこにあるの?)”というように、単体で使うこともあります。
その時の発音は辞書通り、「ウェア」となります。

けれども文章になると、変わってくるのです。

Where?

Where are you going?

whereの発音の違いにに注意して、聞いてみましょう。





文章になった時、whereにはストレスが乗りません。
そのため、音が弱くなる(リダクション)のです。

We are の短縮形である”We’re”も同じ。
ウィーアーではなく、ワァと音が弱くなります。
なので、were, we’re, whereは文章になると、すべて同じ発音になるのです。

他にもあります。

their, they’re, thereも同じ発音です。

すべて、ゼァと弱い音になります。
もちろん、強調して言う時はまた別です。

たとえば、同じthereでも、

It’s over there. そこにあるよ。

という時のthereは、強調しているのではっきりと「ゼア~」と言いますが、

There’s a cat. 猫がいる。

という時のthereは、弱く発音されます。

実際に、違いに注意しながら聞いてみましょう。





こういった音の弱化、省略(リダクション)に関しては、学校で習うことがほとんどありません。
英会話スクールなどでも、きちんと教えているところは珍しいでしょう。
なので、知らないという人が多いのではないでしょうか。

短縮形については、中学で一通り習いますが、あくまでも表記上のことしか触れません。
たとえば、I am が I’m になる、といったようなことは習いますが、There’reの発音が there と同じだ、というようなことは習わないのです。

英語には、こういった超基本ルールが他にも、ごまんとあります。
それを知らないと、簡単なフレーズすら聞き取ることができません。
リスニングが苦手だという人は、今一度基本に立ち返り、発音をやり直してみましょう。

ビジネスマンから絶大なる支持を受ける英語発音教材
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

 
◆述べ3,500人に指導してきた発音矯正のプロによる、日本人のための英語発音矯正本

もう何年も英語を勉強してきているのに、話せるようにならない・・・
リスニングすらままならない・・・
そこそこ読めるのに話せない・・・
TOEICならまあまあのスコアが出るのに、ちっとも話せない・・・
どうやってもネイティブに聞き返される、英語が通じない・・・


といった悩みを、あなたも抱えていませんか?

私は英語を教え始めて25年以上になりますが、こういった悩みは昔から変わることなく頻繁に耳にするものです。
日本人は中高で6年間、英語を勉強してきています。
その後大学や、個人的に英会話を習うなどすると、10年以上英語に取り組んできている人も少なくありません。
なのになぜ、いつまでも同じ悩みを抱え続けるのでしょうか。


それは、日本人が間違った学習のしかたをしているからです。


英語は、日本語よりはるかに音の種類の多い言葉です。
たとえば母音ひとつとってみても、日本語には「あいうえお」の5つしかありませんが、英語は20以上あります。
母音だけで英語は日本語の4倍以上あるのです。
わたしたちには似たように聞こえる音でも、ネイティブにとっては「い」と「お」ほどの差があるのです。

色に例えて言うなら、単純に「青」に見える色も、ネイティブにとっては微妙に少しずつ違う。
スカイブルーもあればネイビーブルーもある、ターコイズもある、というようにそれぞれ違う色として認識されるのです。
日本人はまず、正しく音を認識する必要があります。

系統だてて音を理解し、慣れていくことで英語はスッと耳に入ってくるようになります。
そして、正しい発声と口を動かす訓練を続けることで、ネイティブのような発音・流暢さを身に付けることができます。
まずは、正しい音のルールを、理解するところから始めましょう。
わたしたちは学校で、まともに英語の発音を習うことがありません。
習ったとしても、「THは舌をかむ」だとか「Rは巻き舌にする」だとか、間違ったことを教わっている可能性が高いのです。


自分が言えるフレーズは必ず聞き取れます。


音を聞き取れたからと言って、必ずしもそれと同じように言えるとは限りません。
けれども真似して言える音は、必ず聞き取れます。
言ってることは大体わかるけど話せない、という人はいても、英語はぺらぺらだけどリスニングは全然できないという人は、いないのです。
自分が正しく言える、ネイティブのように言えるフレーズは、必ず聞き取れます。
発音矯正をすることは、そのままリスニングの向上に繋がる、一石二鳥のトレーニング方法なのです。


普通のネイティブの雑談に混ざりたい
映画やドラマを字幕なしで理解できるようになりたい
ネイティブみたいにカッコよく流暢に英語を話したい



でもそんなのはもう無理だと、諦めていませんか?

毎日10分、発音矯正トレーニングをするだけで、あなたの耳も口も劇的に変わります。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』-全102ページ(PDF)、音声教材90分、動画教材40分は、日本語を母語とする日本人が英語をマスターするのに、最も簡単で効果的な方法をまとめたものです。

発音矯正歴25年以上、歌手、俳優など多くの著名人を指導してきたノウハウを生かし、Yumiが書き下ろしたダウンロード教材です。
Yumi自身、帰国子女でもなんでもありません。
日本人として普通に国内で教育を受け、試行錯誤の上ネイティブに近い流暢さを身に付けました。
なので、日本人が苦手な音や苦労する点を、熟知しています。


英語は難しい言語ではありません。


もしも英語がそれほどまでに難しいのであれば、世界共通語にはなっていないはずです。
英語はシンプルで、習得しやすい言語です。
ただ、わたしたち日本人の言語感覚と違う部分があるため、そこでつまずいている人が多いというだけなのです。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語を話す上で特に重要な喉発声のしかたについて、Yumiが動画でわかりやすく解説しています。
これだけであなたの声は、日本人声から英語声に変身します。

さあ、あなたもこのマニュアルでネイティブの流暢さを身に付けましょう。



Yumi whiteboard2 


著者プロフィール:明場由美子(Yumi)
大阪大学文学部卒、オクラホマシティー大学社会学専攻
フリーランス通訳、大手英会話講師、企業トレーナー、外資系出版社セールスマーケティングを経て2010年に独立、English Boot Campを立ち上げる。

hatsuonbon small

監修本:『ネイティブ発音が3D映像でわかる!英語の発音トレーニングBOOK DVD1枚CD3枚付き』(西東社)-Amazonランキング発音部門で第1位!





【人気記事】

英語の発音が劇的に変わる、ネイティブを目指す発音矯正法
Rは巻き舌じゃない!-正しいRの発音方法を動画解説してみた
日本人の苦手な”ER”の発音-コツはあひる口と舌の盛り上げ!
Coolはクゥ~オ-Dark Lをマスターすればネイティブっぽくなる!
Thatの発音は2種類あります-リダクションを学ぼう


Google adsense

関連コンテンツ

コメント

  1. Nov より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして、実は陰ながらいつもこのブログを読ませていただいています!コメントするのは初めてですが><
    外国語大学に通う学生です!
    他はうんうん、と思ったのですが、wereとwe'reが同じ発音っていうのに今すごい違和感を感じました(;_;)

  2. ごろぞう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    We'reとwereが同じでしたか~
    いやあ、スッキリしました。
    どうもWe'reがワァに聞こえ変だなあと思っていたところです。
    自分も超基本に穴がありました。
    気づかせていただいて本当に感謝です!

  3. masa より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうですね。日本人は単語ごとに区切って発音する癖がありますね。be動詞を区切るのは協調したい時だけですね。
    逆に書くときにビジネス系等かたい文でも略して書く人が多いのが気になります。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >Novさん
    そうなんです。
    We areとwereは同じ発音なんですよ~
    これ、学校で教わらないと思うんです、たぶん。
    覚えておいてくださいね。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >ごろぞうさん
    変でもなんでもないですよ。
    それでいいんです。同じ発音ですからo(^-^)o
    このあたり、超基本なのに学校で習った記憶がないんですよね。
    airとheirは同音異義語、とかは習うのに。
    それよりこちらのほうがずっと重要なんですけどね。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >masaさん
    日本人は口発音なので、音が途切れるんですね。
    そのせいで音が聞き取れない、発音できないという現象を引き起こしていますね。
    書き言葉では略さないのが普通というのも、あまり習わないかも。
    英語は話し言葉と書き言葉が違う、という基本自体、
    これまた習わないような気がします。

  7. ぴょん吉 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    カタカナ読みしか知らなかったΣ( ̄□ ̄;)
    ゼアーではダメですね
    デァ (-ω-)色々ありますね

  8. やつはし より:

    SECRET: 0
    PASS:
    We'reとWereの発音について、気になったので調べてみたんですが、発音記号は違うんですね。
    発音については中学・高校とほとんど指摘を受けず、大学に入ってから自分で矯正を始めるハメになりました・・。習い始めが大事だなと強く後悔したのを思い出します。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    >ぴょん吉さん
    there/their/they'reの“TH”サウンドは、限りなくDの音に近いです。
    カタカナでは表せないですが、あえて書くと「デァ」が近いかと思います。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    >やつはしさん
    発音記号、同じですよ。
    こちらを参照ください。
    http://www.merriam-webster.com/dictionary/we%27re
    3パターンの発音記号があります。
    短縮形は、何パターンか発音があるというのを、
    学校では習わないのでこういうことになるんですね。
    多くの人が大人になってから自分で矯正する羽目にはっています。
    私もそうでした(^_^;)

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)