Sponsored Link



イングリッシュブートキャンプ:由美です。

英語にはいわゆる「決まり文句」、つまり「こういう時には決まって言うフレーズ」というものがあります。

もちろん、日本語にもありますよね。

そういう決まった言い回し、慣用句と言うのは小さな子供でも知っているものです。

英語を聞ける・話せるようになるには、語彙だけではなく慣用句や決まり文句を、たくさん知る必要があります。

というわけで、今回のお題にまいりましょう。

つべこべ言うな!言い訳しない!口答えしない!を英語で言うと?

親に注意された子供がよく、「だって、〇〇なんだもん」と言い訳することがありますね。

それに対して「“だって”じゃない!」と、さらに叱ったりするものです。

この、「“だって”じゃない!」「“でも”じゃないの!」というフレーズが、まさにそのまま英語にもなっています。

口答えするんじゃない、言い訳するんじゃない、という意味の決まり文句です。

わかるかな?

答えは・・・


No buts!


butが複数形になっているところが、面白いですね。

だって、だって・・・と何度も言うから、butsなわけです。

no buts(「だって」は無し)って、日本語も英語もまったく同じですね。

これは覚えやすいんじゃないでしょうか。

ついでにもう一つ。

こういう言い方もあります。


No ifs or buts!


今度はifが付きました。

“もし”とか“でも”とかは無しだ、つまり「言い訳しなさんな!」という意味で、これも親が子供によく言うフレーズです。

さらに andsが付いて、


No ifs, ands or buts!


つべこべ言わないの!

これはもう、ネイティブがしょっちゅう使う決まり文句なので、ぜひ覚えてしまいましょう。

知っていると、ドラマを見たり映画を見たりしたときに、聞き取れますよ~。

英語は音とリズムが命

簡単なフレーズなのに聞き取れない、ネイティブの話す英語がモゴモゴと速く聞こえる、と感じているあなた。

それは、英語の音そのものがちゃんと聞けていないからです。

英語は日本語よりもはるかに音の種類が多く、リズムも多岐にわたります。

発音の基本ルールを知ることで、英語のリスニングは飛躍的に伸びます。


『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、25年以上にわたり述べ5,000人に発音矯正を行ってきたYumiが、独自に開発した日本人による日本時のための英語発音教材です。

英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。

《収録内容》テキスト102ページ(PDFファイル)
      音声約90分(MP3ファイル)
      動画約40分(MP4ファイル)

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

オンラインセミナー、10/20(土)に開催!詳細・お申込み方法はこちら♪←残席わずか!
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Sponsored Link

関連コンテンツ