イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ここ最近世の中を席巻しているのが、#me too ですが、これはかつてハラスメントを受けたことがある、という告白に付けるハッシュタグですね。

#me too つまり、“私もその経験がある”ということで、セクハラ、パワハラなどで世界中の著名人が告発されています。

そんな中、加害者側の言い訳としてよく使われるのが、いやいやあれは愛の鞭だったんだ、というもの。

コミュニケーション不足だったようだが、あれは良かれと思って言ったこと(したこと)なんだよ・・・という、え~そんなわけあるかいっ!!と突っ込みたくなるようなセリフです(苦笑)


ではでは、その愛の鞭を英語で言ってみましょう。


愛のムチ、アメとムチ

これ、本来はもちろんセクハラやパワハラのexcuseのための言葉ではなく、相手のことを思って敢えて厳しいことを言う(する)、という意味です。

まあ最近は、あんまり言わなくなったかもしれません。

厳しいことを言う人のことを、疎んじる傾向があるような気がします。

昔は毅然とした態度で、相手のために苦言を呈する大人というのが、いっぱいいたような・・・

・・・って、そんなことはさておき、


愛のムチ


これを英語で言えますか?

今回のお題です。

どうでしょう?

決まり文句なので、知らないと出てこないですね。

言われてみれば、ああなるほど・・・という感じです。

愛情を持って、相手に苦言するわけですよね?

敢えて嫌われることを覚悟で、相手のためにキツイことを言う。

そういえば、飴と鞭ってのもありますね。

こちらは、また意味合いが違いますね(^_^;)

でも、英語にもあるんですよ~、似たような言い回しが。

というわけで、愛のムチ、アメとムチ、両方の答え合わせといきましょうか。

まずは、愛のムチ。


tough love


そのまんまです。

厳しい愛情、なわけです。

ではもうひとつのほう、アメとムチは・・・?


carrots and sticks


はい、もうおわかりですね?

飴ではなく、ニンジンです。

ニンジンと棒、つまり馬を走らせるために、鼻先にニンジンを吊るす。

と同時に、ステッキで打つわけですね。

こちらのほうが、わかりやすいような気もします。

だって、アメとムチって、なんか変な組み合わせじゃないですか?

飴を与えておいて、鞭で打つんですか?

なんとなく想像できないような・・・

え、そんな風に思うのは、私だけですって(^_^;)???

以上、愛のムチとアメとムチでした☆

英語は音とリズムが命

tough love、どちらも母音は[ʌ]という日本語にはない音で、これは実は日本人が苦手な母音のひとつでもあります。

あまり口は大きく開けず、低く喉の奥で呟くように「ア」と発音します。

日本語の「あ」とは全く違う音です。

touchもloveも日本語(タフ、ラブ)になっているので、カタカナ発音になってしまいやすい単語でもあります。

英語は日本語より遥かに音の種類が豊富で、リズムや抑揚も多岐にわたります。

発音の基本を知らないと、英語を正しく話せるようにはなりません。

また、ネイティブの普通の会話が聞き取れるようにも、ならないのです。

リスニングやスピーキングに伸び悩んでいるあなた。

一度、発音からやり直してみませんか?



『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで



Google adsense

関連コンテンツ