私の履歴書

由美の英語マスターへの道:メンター・目標となる人の存在

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ランキングに参加しています。更新の励み、1クリックご協力お願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

★目標となる人、メンターとの出会い

外国語をマスターしたい、という人の多くが、一つの指標にするのが、やはり映画やドラマなど、
普通のネイティブの会話を、字幕なしで理解できるようになること、だと思います。

いやいや、私は同時通訳を目指しているんです。
いいえ、私はビジネスで、英語でプレゼンができれば、それでいいんです。
英語で論文を読んだり、書いたりする以外、特に必要はないんです。

というような方は、おそらく私のブログは、参考にはされていないと思うので、
とりあえず、そういった方はここから、一旦外してお話しますね(笑)

映画やドラマの英語が、普通に理解できる。
シットコムを見て、アメリカ人と同じところで、笑える。
複数のネイティブと、雑談ができる。

こういったレベルに到達するのに、どうすればいいのか。
私はそこにはやはり、目標となる人や、メンターとなる人がいると、大きいかと思います。
「あの人みたいになりたい」と願うことは、大きなモチベーションとなるからです。
スポーツでもそうですが、多くの人は、目指すアスリートや、目標とする先輩がいるものです。
英語も同じで、そういった自分の理想となる人に、直接指導してもらったり、または勝手に目標にしたり(笑)
極端な話、ハリウッドスターでも、いいんです。
好きな俳優の、しゃべり方を真似する。
それだけで、スピーキング力も、リスニングも伸びます。

★自分を客観的に知ることの重要性

私にとって、メンターとなった人は、大学の2年生の時に出会った、帰国子女の同級生でした。
彼女は高校時代に、1年間アメリカに、交換留学していました。
同じ英語の講義を取っていましたが、ネイティブの先生が繰り出すジョークに、彼女は楽しそうに、
いつもコロコロと、笑っていました。
また、講義が終わると、先生のところに行っては、何やら質問したりしていました。

以前もこちらで書きましたが、私は先生のきちっとした英語なら、問題なく聞き取れたのですが、
途中で脱線して、面白おかしい話をしたり、先生の若い頃のお話だとか、ジョークだとか、
そういった話になると、まったくついていけなくなったのです。
だから、そこで一人楽しそうに笑っている、彼女の存在が、輝いて見えたのです(笑)

私の中で、彼女のように話せるようになりたい、いや、必ずなるぞ!という、目標ができました。
そうして、日々努力と研鑽を、重ねていったのです。
彼女とは実家も近く、また家庭教師先を紹介してもらったりと、仲よくしていました。
そこで、ぶっちゃけ私の発音、どこを治せばいいと思うか、というのを聞いてみたのです。
自分でも何かが違う、と思うけれど、でもどうすれば上手く言えるのか、悪戦苦闘していたからです。
凡人である私には、一人で発音訓練をするには、限界がありました。
彼女は、塾講師のアルバイトもしていましたから、教えるのがとても上手でした。
キャンパスで彼女を探しては、捕まえて大学生協で、色々聞いたものでした。
当時は携帯なんて、ありませんでしたから、キャンパスで必死で探すしか、なかったのです(^ ^;)
その時に、彼女からもらったアドバイスは、後の私の人生を、大きく変えることになりました。

当時はまだ、発音に関する実践的な教材は、あまりありませんでした。
洋書ならありますが、いわゆる発音(phonology)に関するものは、アジア言語(特に日本語)は、
ほとんどカバーされていないのです。
これは、日本語ネイティブには、あまり参考にならないな、と思う内容でした。
読んでも、納得がいかないんですね。

そこで、彼女に相談してみて、実際に舌の動きや唇の動きなど、同じ日本語ネイティブとして、
具体的に教えてもらったことが、私には大きな意味がありました。
彼女を目標にして、大学の最初の2年間は、頑張りました。

★燃え上がる留学熱

さて、そんな彼女の存在が、留学への思いを再燃させるきっかけと、なりました。
高校時代、交換留学とか、夏休みのホームステイでもいいから、行きたいと思いました。
諸処の事情で、それはかなわず大学に進学しましたが、心の奥底で、諦めがついていなかったんですね。
そこで私は、猛烈にアルバイトを、し始めます(笑)
その彼女に、家庭教師の口や、塾講師のバイトを、紹介してもらったりもしました。
彼女は色々と、顔も広かったのです。

親から呆れられるほど、毎日アルバイトをしていました。
時代はバブルで、私に味方してくれました。
今はもう、ああいう好条件のアルバイトは、ないだろうなと思います。
大学の講義は、月曜から土曜まで(土曜は半ドン)。
片道1時間半かけて、キャンパスまで通いました。
週のうち、5日はアルバイト。
唯一の休みが、日曜日でしたが、もうクタクタでした(^ ^;)
それでも若かったから、なんとかなったのでしょうね。

あの時、必死で英語をやりながら、アルバイトして留学費用を貯めた日々は、
大変だったけれど、今となっては良い思い出だし、あの時に踏ん張ってよかったと、しみじみ思います。
そしてその後、大学4年となった年に、1年間休学して、私は念願のアメリカ留学へと、旅立ちました。
留学するにあたり、TOEFLを初めて受けました。
ネットも何もない時代です。
色んなことが、手探り状態でした。

次回、留学中に気付いたこと、留学したことで変わったこと、そしてここが大きなポイントですが、
英語(外国語)を習得する、という意味において、留学の対費用効果はどうなのか、
国内で勉強するのと、何が違うのか、といったお話を、したいと思います。

お楽しみに♪

★英語は音とリズムが命

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細はこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

この記事が役に立ったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

年内最後の週末ブートキャンプ、11/29&30に開講決定!詳細はこちら
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)