和製英語

あなたの脳内カタカナ汚染度チェック-リスニングが苦手な原因がわかります!

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

「脳内カタカナ汚染度チェック」に、挑戦してみましょう。
なぜリスニングが苦手なのか、ネイティブに聞き返されるのか、原因が判明しますよ。

本題に行く前に、ランキングにご協力を。クリックお願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

ローマ字と英語(アルファベット)は違います!

あたり前のことですが、ローマ字はアルファベット(英語)ではありません。
けれども私たちは、アルファベットを習う前に、先にローマ字を習ってしまうのです。
これはもう、日本で普通の教育を受けてしまうと、どうすることもできません。
この時に私たちの柔らかい脳には、ローマ字がインプットされてしまうんです。
そしてそれは、その後に英語(アルファベット)を習う時に、大きな障害となります。

英語を流暢に話す人に、共通していることがあります。
それは、ローマ字を忘れている、ということです。
いわゆる小学校で習ったあの、ローマ字です。
あれが頭の中に残っていると、英語の音を正しく理解することができません。
いつまで経っても、英語をローマ字(つまりカタカナ)と、結びつけてしまうからです。

そこで今日は、あなたの脳内カタカナ汚染度チェックを、してみたいと思います。
2分もあればできるので、ぜひ試してみてください。
簡単です。
次の単語を見て、アルファベットは日本語に、日本語はアルファベットに書き換えるだけ。
すべて日本語です。
単純に書き換えるだけですよ。

ではどうぞ♪


tyatora
三銃士
おっちょこちょい
晃司
sattyuuzai


はい、どうでしょうか。

2分もあればできる、と書きましたが、実際にもっと時間がかかった人も、いるのでは?
まず、アルファベットを日本語に書き換える、という方を先に見てみましょう。

tyatoraという単語。
これをすぐに読めた人は、カタカナ汚染度がかなり高いです。
逆にこれを見て、一瞬何なのかわからず、首をひねってしまった人は、英語脳です。
これ、いわゆるローマ字読みをすると、「茶トラ」と読むんです。
すぐ読めたわ、という人はいまだに英語を、ローマ字読みしているということ。
アルファベットを英語ではなく、ローマ字として捉えているということなんです。
これを「タイァトウラってなんだろう」と、真剣に考えた人は、英語脳に切り替わっています。
同じく、sattyuuzaiも瞬時に読めなかった人は、英語脳。
一瞬にして「殺虫剤」と読めてしまった人は、ローマ字脳です。

では残りの、日本語⇒アルファベット表記に、移りましょう。
これらの日本語を、sanjushi(またはsanjuushi)、occhokochoi(またはocchocochoi)、
Kojiと書いた人は英語脳。
sanjyuusi(またはsanjyuushi)、ottyokotyoi、Kouji、Kouziと書いた人は、ローマ字脳です。

キーボードを打つ時(ローマ字変換)、ちゃ・ちゅ・ちょを“tya, tyu, tyo”と打っている人。
しゃ・しゅ・しょを“sya, syu, syo”、じゃ・じゅ・じょを“jya, jyu, jyo”と打っている人は、
今後は英語式に、修正しましょう。
それぞれ、“cha, chu, cho” “sha, shu, sho” “ja, ju, jo”と打つようにしましょう。
日本語の「し」を“si”と打つのも、やめましょう。
「し」は“shi”と打つように、心がけてください。
また、「つ」も“tu”ではなく、“tsu”と打つようにしてください。

頭の中からローマ字を完全に追い出すためにも、面倒がらず矯正しましょう。

人は目から入る情報を優先する

これは脳科学でも研究発表があるのですが、人は耳から入る情報より、目から入る情報を
優先する傾向が強いのだそうです。
つまり、いくら言葉を聞いていたとしても、目に入ってくる文字のほうを優先してしまう。
ローマ字を目にし続けていると、英語の音を認識するのに大きな邪魔となります。
自分の名前を書く時、こういったローマ字は使いませんね?
たとえば、「あつし」という名前の英語表記は、Atusiではなく、Atsushiです。
Atusiと表記すると、パスポート申請ができません。

「たちつてと」を“ta ti tu te to”ではなく、“ta chi tsu te to”と表記すること。
これを心がけるだけで、頭の中からカタカナを追い出すことができます。
ほんのちょっとしたことですが、気を付けるのと付けないのとでは、大違いなのです。

ぜひ、やってみてくださいね。

英語は音とリズムが命

日本人は、頭の中にローマ字(カタカナ)が染み込んでいるせいで、英語の正しい音が、
きちんと認識できていません。
まずは、正確な発音のルールを、理解すること。
言葉は音が基本です。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ

コメント

  1. Chica より:

    こんにちは。これ面白いですね。
    茶トラってわかりませんでした。
    そこでつまづき、時間オーバー。

    改めて書いてみるって大事ですね。
    もうキーボード打つのは
    意識してないので。。。

    1. Chicaさん

      英語脳の人はまず100%、tyatoraは読めません。
      私も読めませんでした。
      最近はスマホが主流になったため、キーボードを打つ人も減っているそうですが、
      ほとんどの人はローマ字変換してると思います。
      私より上世代だと、和文タイプを習っていた人もいますが。
      なので、タイピングの時に矯正することで、少しでもローマ字脳を
      矯正することができると思います。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)